top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

大谷翔平が前半戦最後の一戦で5試合ぶりの第32号2ランでサイクル安打リーチ!自己最多の46本塁打を超える年間57本ペース

ABEMA TIMES

 【MLB】ドジャース-エンゼルス(7月8日・日本時間9日/ロサンゼルス)

 エンゼルス・大谷翔平投手が「1番・DH」で伝統のフリーウェイシリーズに先発出場。7回の第4打席で、7月2本目となる第32号アーチを放った。これで年間57本ペースとするなど、依然として驚異的なペースで本塁打を量産している。なお、この試合ではすでに第1打席でセンター前ヒット、第2打席でスリーベースヒットを放っており、このホームランでサイクル安打リーチとなった。打球速度は105.2マイル(時速169.3キロ)、飛距離は433フィート(132メートル)となった。

【映像】大谷翔平、復活の爆速打球

 月間MVPを獲得した6月は27試合すべてに先発出場し、104打数41安打、打率.394、15本塁打、29打点。月間15本塁打は自身と松井秀喜氏(ヤンキース)の14本を上回る日本人単独トップ、さらにはエンゼルスの球団記録にも並んだ。

 7月に入ると2試合目となった7月2日(日本時間3日)のダイヤモンドバックス戦だった。しかしそこから3試合、12打席ノーヒットと苦しい時間を過ごした。迎えた7月7日(日本時間8日)のドジャース戦の第2打席でヒットを放つなど調子を取り戻しつつあった。

広告の後にも続きます

 なお試合前の時点で打率.297はア・リーグ6位とやや成績を落としているが、 31本塁打はホワイトソックスのロベルトに5本差、全体でもブレーブスのオルソンに2本差をつけてトップ。68打点もレンジャーズのガルシアに5点差の3位につけるなど、主要打撃3部門で好成績を残している。

 オールスター前最後の一戦で本塁打を放ち、これでチーム91試合目で32本塁打。年間57本ペースト、6月に比べるとややスローペースとなったものの、依然として昨季ヤンキースのジャッジが打ち立てたシーズン62本塁打のア・リーグ記録更新も狙える好成績だ。
(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル