top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「球宴前でなんと32本だ!」米記者からも驚愕の声!大谷翔平がサイクル安打に王手かけた飛距離132m弾に大興奮「しかも70打点目だ」

THE DIGEST

 オールスター前、最後の試合で異才が豪快なアーチを叩き込んだ。

 ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平が、ロサンゼルス・ドジャース戦に「1番・指名打者」でスタメン出場。7回にア・リーグ本塁打ランクを独走する32号2ランホームランを放つなど、4打数3安打3打点で孤軍奮闘した。

 2対9と7点ビハインドの7回、2死一塁から大谷は2球目のスライダーを右中間に弾き返す。打球はぐんぐん伸びていき、中堅手は打球の行方を見失ったかのように両手を広げると、ボールはそのままスタンドの中に消えていった。

 今季32本目は打球速度105.2マイル(約169.3キロ)、飛距離433フィート(約131.9メートル)、角度29度のスタッツを記録。追撃の一発に敵地ドジャー・スタジアムは騒然とした。
  大谷の2ランに現地メディアも即反応した。MLB公式『MLB.com』はツイッターで動画を共有。「ショウヘイ・オオタニが、またもホームラン! これでオールスター前に、なんと32本塁打だ!」と驚異的なペースでアーチを量産する二刀流スターに賛辞を送った。

 同メディアで執筆するエンジェルス番記者のレッド・ボリンジャー記者も「オオタニが今季32本目のホームランだ!」と興奮しながら書き記すと、「しかも、彼はこれで70打点を記録した。いま安打、三塁打、本塁打を打っている」と付け加え、サイクル安打に王手をかけているとレポートした。

 二塁打が出ればサイクルヒット達成となる大谷は9回、1死満塁の場面で5度目の打席が回ってきたが、初球のカットボールをレフトに打ち返して左飛。またも快挙は逃したが、貴重な打点を稼ぎ「71」まで伸ばした。

 試合は、エンジェルスがドジャースに5対10で完敗。ついに勝率5割を切ってしまった。

構成●THE DIGEST編集部

【動画】大谷翔平が右中間へ豪快な32号!

【動画】大谷翔平、32号の軌道を詳しくチェック

【関連記事】「またやったのか!」「マジで異常だ」大谷翔平が史上初の快挙達成!133年ぶりの新記録に米驚愕「もはや人間じゃない」
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル