top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「来年からよろしくな!」大谷翔平とベッツの“交流シーン”が話題! MVPスター同士の会話を日米ファンが予想「ロッカーとっておいたよ!」

THE DIGEST

 大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)がロサンゼルス・ドジャースのスーパースターと会話する1枚の写真を巡り、SNSでファンが大盛り上がりを見せている。

 フリーウェイ・シリーズの初日となった現地7月7日、大谷は「1番・DH」でスタメン出場。4回の第2打席に4試合ぶりの右前打を放ち、3年連続のシーズン100安打に到達した。

 続くテイラー・ウォードが相手先発トニー・ゴンソリンの足元に弾き返すと、これを二塁手ムーキー・ベッツがバックハンドで止め、一塁へ送球。アウトと塁審にジャッジを下されたが、エンジェルスはチャレンジを要求。その間に二塁ベース上の大谷とベッツの間で交流が行なわれた。
  2018年にはアメリカン・リーグMVP(当時ボストン・レッドソックス)にも輝いたベッツと、2021年に同賞を獲得した大谷との共演にファンは沸いた。MLB公式Twitterが、「キャプションをどうぞ!」と綴り、二人が手のひらを合わせる姿を公開すると日米ファンは、二人の会話を予想した。

「大谷くんドジャースが君を待ってるよ」
「来年からよろしくな!」
「クラブハウスのロッカーとっておいたよ!俺の隣だ」
「ドジャーブルーの方が似合うと思うよ」
「チームメイトになるのを待ちきれない」

 そんな大谷は、3打数1安打、1四球を記録。エンジェルスは4対11で大敗を喫した。

構成●THE DIGEST編集部

【画像】日々更新! 大谷翔平が2023シーズンで魅せる喜怒哀楽の厳選ショット集!

【関連記事】「一瞬にして一生の宝物」大谷翔平がみせた“ふたりの少年”への神対応に日米で反響止まず!「当たり前のことではないよね」

【関連記事】「なんてこった!」大谷翔平が圧巻の2日連続弾!150メートル超の“特大30号”に米記者も大興奮「あそこにボールが…」
 
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル