top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

新日本プロレスVS全日本プロレス<仁義なき50年闘争史>「ゴールデンタイムに復帰!!全日本が再び大攻勢」

アサ芸プラス

 1985年秋、苦肉の策でアンドレ・ザ・ジャイアントをジャイアント・マシンに変身させ、9月19日の東京体育館では「もう提供できるカードは、これしかない」と、アントニオ猪木VS藤波辰巳(現・辰爾)の師弟対決を組むなど、苦戦を続けていた新日本プロレス。

 それを尻目に、ジャイアント馬場率いる全日本プロレスは、10月19日から日本テレビの中継が6年半ぶりにゴールデンタイム(土曜日夜7時~7時54分)に復帰して、大攻勢に転じた。

 この好機にジャイアント馬場会長が打ち出したのは、全日本VSジャパン・プロレスの対抗戦ではなく。かつての売り物だった超大物外国人選手の対決だ。

 ゴールデンタイム復帰が決定した時期、提携するジャパン・プロレスが水面下でTBSテレビとレギュラー放映に向けて接触するなどの独立の動きをしていただけに、馬場は“ジャパンに頼らない路線”に転換を図ったのである。

 そして実現したのが10月21日、両国国技館におけるNWA世界ヘビー級王者リック・フレアーとAWA世界ヘビー級王者リック・マーテルの統一戦だ。

広告の後にも続きます

 当時のアメリカのメジャー組織はNWA、AWA、WWF(旧WWWF、現WWE)の3つ。

 この中で王者同士の対決は78年1月28日のフロリダ州マイアミビーチのオレンジボウル・スタジアムにおけるNWA世界王者ハーリー・レイスVSWWWF王者スーパースター・ビリー・グラハム、79年3月25日のカナダ・オンタリオ州トロントのメープルリーフ・ガーデンにおけるAWA世界王者ニック・ボックウィンクルVSWWF王者ボブ・バックランド、80年9月22日のニューヨークMSGと同年11月7日のミズーリ州セントルイスのキール・オーデトリアムで行われたNWA世界王者レイスVSWWF王者バックランド、82年7月4日のジョージア州アトランタのオムニ・センターにおけるNWA世界王者フレアーVSWWF王者バックランドの5試合のみ。

 当時のWWFはNWA傘下団体(71年8月から83年末までNWAに加盟)だったため、タイトルから「世界」の2文字を削除していたのでNWA世界王者、AWA世界王者との対戦は難しくなかった。

 しかしNWA世界王者とAWA世界王者の対決はこれが世界初。馬場はプロモーターとしての実力を内外に示したのである。

 なお、ジャパンとの関係も9月19日に修復。結果的に全日本のゴールデンタイム復帰は豪華外国人選手、全日本VSジャパン対抗戦の日本人抗争の豪華2本立てになった。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル