top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

高田純次「じゅん散歩」挨拶ボケ大暴走に「テロップ解説」という非テキトー対策

アサ芸プラス

「日本一のテキトー男」の異名を持つ高田純次。「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」(日本テレビ系)時代から今日までその芸風は変わることなく、76歳の今も「テキトー」を貫く。現在、その勇姿は月曜から金曜の「じゅん散歩」(テレビ朝日系)、金曜の「午後もじゅん散歩」で見ることができる。

 高田といえば、なんといっても挨拶ボケだ。店に入った時など「どうも。私、テレビ朝日の『じゅん散歩』で来ました○○○○です」と、自分の名前ではなく「坂本龍馬です」とか「ブラッド・ピットです」というように、別人を名乗って笑いを取るのがお馴染みのパターンだ。

 近頃、ついにそのボケのネタが尽きたのか、はたまた高田のボケについていけない世代が増えたのか、マニアックなボケに対し、解説のテロップが出るようになった。

 例えば「久我山」の回で「久我美子です」とボケると、「久我美子(昭和22年 映画「四つの恋の物語」でデビューした女優)」。「葛飾区水元公園」の回では、一眼レフカメラを持つ男性に「立木義浩です」とやれば「立木義浩(写真家) 朝ドラ『なっちゃんの写真館』のモデル・立木写真館の次男」というように。

 最近、高田のお気に入りなのが、アメリカのテレビドラマシリーズの「ロバート・スタック」(アメリカのテレビドラマ『アンタッチャブル』に出演)や、「ヴィック・モロー」(アメリカのテレビドラマ『コンバット!』に出演)。わざと難易度を上げているようなフシがある。

広告の後にも続きます

 そんな挨拶ボケで大暴走する高田をテロップでカバーする、スタッフの気遣い。おかげで高田も思う存分、ボケられるというものだ。

 地井武男の「ちい散歩」、加山雄三の「ゆうゆう散歩」に続く、散歩シリーズの第3弾「じゅん散歩」。2015年9月の放送開始からすでに7年が経過したが、高田にはまだまだ「テキトーに」頑張ってほしい。

(堀江南)

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル