top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

「食塩」「砂糖」の上手な保存方法とは? サラサラに戻す“簡単”な方法も 専門家に聞いてみた

オトナンサー


食塩や砂糖の適切な保存方法は?

【画像で丸わかり!】もう使えない? 劣化した状態の砂糖

 多くの家庭で使われている調味料として、食塩と砂糖があります。毎日使う人もいれば、月に数回しか使わない人もいるなど、人によって使用頻度が異なると思います。

 ところで、食塩や砂糖を劣化させないためには、どのように保存したらよいのでしょうか。食塩や砂糖が固まってしまった場合、復元できるのでしょうか。栄養士の資格を持つ、料理研究家の長田絢さんに聞きました。

「冷暗所」での保存がお勧め

Q.そもそも、食塩や砂糖に賞味期限はあるのでしょうか。

広告の後にも続きます

長田さん「食品衛生法では、食塩と砂糖は、ともに賞味期限が定められていません。時間の経過による品質の変化が極めて少ないからです。

ただし、開封後は適切に保存することが大切です。食塩、砂糖ともに湿気に弱いので、湿度が高い場所で保存すると、湿気を吸って固まってしまうことがあるほか、においが強い物の近くに置いておくと、そのにおいが移ることがあります。

特に砂糖は、乾燥した場所で保存した場合も固まることがあるので、取り扱いには注意が必要です」

Q.劣化を防ぐために、食塩や砂糖は、どのように保存すればよいのでしょうか。

長田さん「気温や湿度が低い『冷暗所』で保存するのが望ましいです。ただし、冷蔵庫で保存すると、出し入れの際の温度変化で結露してしまうため、避けた方が良いでしょう。また、袋に入れたまま保存するのではなく、できるだけ密閉性の高い容器に移した上で、しっかりとふたを閉めて保存することが大切です」

Q.開封後、しばらく使っていなかった食塩や砂糖は、再度使っても問題ないのでしょうか。保存時に固まってしまった場合はいかがでしょうか

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル