top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

白濱亜嵐×関口メンディーインタビュー「世の中にバミリなんてない」ドラマ『ハピゴラ!』の自然な演技と“初体験”から得たモノとは?

SPICE

――西田尚美さんや田口トモロヲさんといった、共演者の方々に刺激を受けたことなどはありましたか?

白濱:実は西田さんとは2度目の共演で、1回目は映画『ひるなかの流星』の時に永野芽郁さんが演じた女性のお母さん役として同じシーンもあったんですが、本当に経験豊富な方で一緒に演じていると自然とレスポンスしたくなるんです。西田さんとかけ合いすることによってすんなりセリフが出てきたり、自然な表情もいい形で生まれたように感じます。また、幅広いお芝居をされる田口さんとの共演も本当に勉強になりました。ひとつのセリフに対して100通りくらい返す能力を持っている方で、こんな風に自由に演じていいんだと感じさせていただきました。

メンディー:ベテランの方々のお芝居を見ていると、より自分の役も引き立ててもらえるというか。その方々の演技から感情をもらってセリフを言えたりもするので、そうやってドラマにリアルさを加えていくんだなと改めて勉強になりました。


(C)LDH ASIA



――スダンナユズユリーによるドラマと同名の楽曲「ハピゴラ!」が主題歌に起用されていますが、曲についてはどんな印象を持たれていますか?

メンディー:ありがたいことに、亜嵐くん、須田さん、僕という3人でメインを担わせてもらったドラマだからこそハマる楽曲だと思っています。何よりもスダンナユズユリーの世界観は、今回のようなドタバタ劇にぴったりだと感じました。曲自体もかわいくてかっこいい上に、エンディングの映像で3人がじゃれ合ってる姿にもほっこりしますね(笑)。

白濱:主題歌も物語のためにあるものだと思うんですが、このドラマに合わせて制作されたスダンナユズユリーの「ハピゴラ!」は、作品の内容にも合っていて本当にいい曲だと思います。アンナちゃん自身が出演している作品で、主題歌も自分の所属しているグループが任されるというのはなかなか経験できることでもないと思いますし、純粋に応援したい気持ちもあってこの曲が好きになりました。


関口メンディー



――最後に、俳優として今作だからこそ表現できたものとは?

白濱:今回初のサラリーマン役を通して演技の幅を広げさせてもらえた気がしていて、今後もいろんな役に挑戦してみたいと改めて思いました。あと、今回の現場では熊坂監督から自由にやることの楽しさや大切さなど学ぶことも多かったので、今後の糧として活かしていきたいです。

メンディー:現場経験が少ないのでいろいろ経験を積むのも大切だと思うのですが、亜嵐くんの言ったように自由にやっていいんだということを今回の熊坂監督から教わりました。「ここはこうだからこうやってください」というのではなく、「マンズだったらこうするかな」と話し合ってアイディアを出しながら一緒に作り上げていく過程がとても楽しかったです。そうやって監督を始めキャストの方々から様々なインスピレーションを受けたことで、お芝居に対して考える脳が養われたと思うので、自分にとっても今後につながる大事な作品に出会えたと思います。

広告の後にも続きます

 

主題歌「ハピゴラ!」スダンナユズユリー コメント


スダンナユズユリー



今回ドラマに合わせて歌詞を3人で考えたのですが、“若さ”や“一度きりの人生”に対して迷いや不安を取り除いて、「自分らしくハッピーにいこう!」と明るくも強い歌詞に仕上げました! きっと誰もが他者に評価されることを気にして、楽しく生きることを忘れてしまう瞬間もあると思うのですが、この楽曲を通してみなさんの背中を押せたらいいなと考えながら制作しました。ドラマと合わせて楽しんでいただけたら嬉しいです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル