『チャイナランタンフェスティバル』が東京ドイツ村で開催 すべて手作りの幻想的なチャイナランタンが集結
『チャイナランタンフェスティバル』が東京ドイツ村で開催 すべて手作りの幻想的なチャイナランタンが集結
様々なチャイナランタンを使用したイベント『チャイナランタンフェスティバル』が、2018年12月7日(金)...

様々なチャイナランタンを使用したイベント『チャイナランタンフェスティバル』が、2018年12月7日(金)~2019年4月7日(日)まで、東京ドイツ村(千葉県袖ケ浦市)で開催される。


『チャイナランタンフェスティバル』とは、中国の唐の時代より続く伝統行事で、年に一度、春節の期間に開催される、にぎやかに春の夜を彩るお祭りだ。世界最大のランタンメーカー「自貢灯彩集団」による『チャイナランタンフェスティバル』は、イギリス、フランス、ドイツをはじめとする世界15か国、30都市で開催され、また、中国国内でも300都市で開催されるなど、各地で人気を博してきた。その伝統ある、『チャイナランタンフェスティバル』が、遂に日本で初開催される。


本イベントで使用されるチャイナランタンは、全41のテーマに合わせてすべて手作りで作られ、チャイナランタン特有の柔らかい灯りで幻想的な空間を演出。中国北京に実在する世界遺産『天壇』を原寸大(直径18メートル、高さ12メートル)で再現した作品や、長さ4〜7メートルにも及ぶ迫力ある12体の恐竜、高さ1.5メートルのバラ300本が浮かぶ「バラの海」など、広大なスケールで展開される様々なモチーフの「チャイナランタン」が登場する。



今回のチャイナランタン制作には、約5か月間を要し、延べ2万人の職人によってすべて手作りで作られた。また、四川省自貢市からおよそ60人の職人が来日し、東京ドイツ村で設置作業が行われた。

「チャイナランタン」について


チャイナランタン、または中国提灯。古来中国の民間で幅広く知られている伝統的な工芸品で、ランタンフェスティバルは、ランタンアートの集合体。世界最大のランタンメーカー「自貢灯彩集団」がある中国四川省自貢市では、遥か昔、唐の時代に塩商人が商売繁盛のお祝いとして縁起が良い赤色ランタンを制作したことからランタン発祥の地と言われている。当時、見栄えが良いランタンを設置した人が、富があるとみなされ、人々はこぞってより多く、より派手なランタンを作ったことが『チャイナランタンフェスティバル』の始まりとされている。

中国四川省自貢市は中国の内陸、四川省にあり、面積4273平方km、人口327万人。古くから、千年塩の都、恐竜の郷、南国ランタンの街などの異名を持ち、中国重要歴史的古都で、四川省で最古の工業都市となっている。




(更新日:2018年12月6日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(くらし)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME