乃木坂46・若月佑美、笑顔と涙のラストステージ! 「7年間、とても幸せでした!」
乃木坂46・若月佑美、笑顔と涙のラストステージ! 「7年間、とても幸せでした!」
12月4日、乃木坂46を結成から支えてきた若月佑美が、あらたなステージへと送り出された。 若月は2012年8月に発売した乃木坂46 3rdシングル「走れ!Bicycle」で選抜入りを果たし、最新シングル「帰り道は遠回りし […]

12月4日、乃木坂46を結成から支えてきた若月佑美が、あらたなステージへと送り出された。

若月は2012年8月に発売した乃木坂46 3rdシングル「走れ!Bicycle」で選抜入りを果たし、最新シングル「帰り道は遠回りしたくなる」まで20作連続選抜メンバー(うち8作品が福神メンバー)としてグループを牽引。舞台などでは女優業を数多く経験し、今最も話題となっているNTV系ドラマ『今日から俺は!!』の川崎明美役としてレギュラー出演中だ。またグラフィックデザインも長けており、『二科展』では2012年から6年連続で入選するなど、乃木坂46メンバーの中でも随一の才能を持つマルチアイドルとして知られる。

そんな若月が、12月4日に日本武道館にて行われた『乃木坂46 若月佑美 卒業セレモニー』にて、乃木坂46メンバーとしての活動を終了し、旅立ちの日を迎えた。

1万人が動員可能な日本武道館だが、チケットは即ソールドアウト。若月の卒業を後押ししたいと言うファンで会場は溢れた。

この日会場に来られなかったファンのために、全国60館73スクリーンで25,000人ほどを対象にライブビューイングも行われた。

旅立ちの日、旅立ちの時間はあっという間に訪れ、ステージは開幕。ダンサーが登場しライブはスタート。ステージ中央から若月が登場。「若月ロボット」と称し、擬音も自ら表現しながら前へ歩いて行き「武道館行くぞ」と囁くと、若月の代名詞でもあり、今回バナナマン設楽からアイデアをもらったという、ロボットダンスを披露。若月の笑顔溢れるダンスに会場は大声援と拍手喝采で出迎えた。

そしてスクリーンには満月が……。そう、1曲目は「狼に口笛を」。今回の公演のセットリストは若月自身によるものだが、この曲はすでに乃木坂46を卒業した伊藤万理華・深川麻衣と共に若月がフロントを務めた楽曲。アンダー楽曲の中でも名曲との呼び声の高いこの曲を選曲したところに、この日のライブがいつもの乃木坂46とひと味違うことがひしひしと伝わってきた。

2曲目は「音が出ないギター」。この2曲は、若月の卒業生へのリスペクトが垣間見えるような選曲だった。

「卒業とは言いつつ、師走なのでまったりゆっくりしたい」と若月本人たっての希望で、ステージ上手側には音楽番組さながらのひな壇を設置。メンバーが近い位置でパフォーマンスを観られる作りになっている。そんな中始まった企画が「私が卒業前にやっておきたい曲BEST5!」。その名のとおり、若月が卒業前にやっておきたい曲をランキングにしてどんどん披露していこうというコーナーだ。若月がやっておきたい普段ライブではあまりやらない楽曲のオンパレードに、ファンのテンションもどんどん上がっていく。

中でも22thシングルに収録されている“女子校カルテット”(若月佑美・秋元真夏・桜井玲香・中田花奈)による新曲「告白の順番」は初披露となった。若月とのパフォーマンスを振り返り、涙を浮かべるメンバーもちらほら。

ライブ後半戦は、MCなしで乃木坂46キラーチューンをたたみかける。久々と言う言葉では足りないくらい、めったに披露されない 1stシングル「ぐるぐるカーテン」のカップリング曲「会いたかったかもしれない」のイントロが流れたときは、日本武道館が揺れんばかりのどよめきが起きた。

そして「ガールズルール」「制服のマネキン」とヒットナンバーを披露し会場の盛り上がりは最高潮に。最後はメンバー西野七瀬と共に最後のシングル「帰り道は遠回りしたくなる」で本編終了。

その後鳴り止まないファンの温かい声援の中で、スクリーンに若月と乃木坂46のヒストリー映像が流れる。デビュー日から、2,658日を振り返る感動的なムービーに涙を浮かべるファンも。そして、黒いドレスに身を包んだ若月がステージ中央に登場すると、応援してくれたファンすべてに手紙を読んだ。

そこには「将来の夢を聞かれたときに“女優とかでなく、誰かの人生に良い影響を与えられる人になる”と、いろいろなところで言っていました。それが知らない誰かだったらすてきなことだなあと思います。近しい人から影響をもらうことはあることだけど、会ったことない人から影響をもらうことは難しいこと。もし少しでもその夢がかなっていたら私の7年間のすべてが報われます」と、同期・後輩・スタッフ・ファンと乃木坂46に関わるすべての人から信頼が厚い、若月らしい言葉が綴られていた。

最後の時は笑顔で訪れる。乃木坂46のライブで鉄板の楽曲「ダンケシェーン」でラストを飾ると、最後に若月からメンバー一人ひとりにサプライズで花が贈られた。最後まで与える人でありたいという若月の願いをメンバーが受け取る。そして涙するメンバー。その中でも若月は笑顔で「ありがとう」と言って回る。まるで若月の乃木坂46人生を表しているような光景にすべての人々が感動を受けた。

その後最後にメンバーから「やっぱ若月だな!」と声を揃えて言葉を贈ると、今まで笑顔だった若月も目に涙を浮かべて「やばい、今ので泣きそうになっちゃう!」と堪えるシーンも。若月以外のメンバーがステージから降りると、「新しい風が乃木坂46に入って来ました。私は卒業するけど、まだまだカッコいいメンバーばかりだから、ぜひこれからも乃木坂46のことをよろしくお願いします! 7年間本当にありがとうございました! 若月とても幸せでした! ありがとうございました!」とファンに感謝の言葉を送り、自身の乃木坂46人生に幕を下ろし、あらたなステージへと旅立った。

この先彼女にどんな人生が待っているのだろう。乃木坂46にどんな未来が待っているのだろう。きっと楽しいことばかりではないだろう。でもそのたびに彼女たちは今日の日を思い出すだろう。どんな別れも笑顔に変える。この若月の強さを乃木坂46は忘れない。

【セットリスト】
SE:Overture
-Dance Opening Act-
M1:狼に口笛を
M2:音が出ないギター
M3:まあいいか?
M4:告白の順番
M5:ボーダー
M6:失恋お掃除人
M7:低体温のキス
M8:Rewindあの日
M9:会いたかったかもしれない
M10:ガールズルール
M11:ロマンティックいか焼き
M12:制服のマネキン
M13:帰り道は遠回りしたくなる

EN1:失いたくないから
EN2:ダンケシェーン

乃木坂46 オフィシャルサイト
http://www.nogizaka46.com/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC

乃木坂46・若月佑美、笑顔と涙のラストステージ! 「7年間、とても幸せでした!」は、【es】エンタメステーションへ。

(更新日:2018年12月6日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(音楽)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME