top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

松島聡 パニック障害告白1年前にみていた撮影現場での異変

女性自身

《診断結果は突発性パニック障害です。病名もですが、自分のこの状況に正直大変戸惑いショックを受けております》

 

パニック障害を発症し、一定期間の療養に入ることを11月28日に発表したSexy Zoneの松島聡(21)。報道各社に届いた直筆FAXの几帳面な文字からは、彼の辛苦が痛いほど伝わってきた――。パニック障害といえば、つい最近、同じ事務所で活動するKing&Princeの岩橋玄樹(21)が闘病中であることをテレビ番組で告白したばかり。

 

「松島さんと岩橋さんは同い年で、プライベートでも大の仲良しなんです。松島さんの誕生日に、岩橋さんは自分とお揃いのティファニーのネックレスを贈ったというほど。松島さんはそのネックレスをいまでも肌身離さず大事にしているそうです。彼らが親友なのは、共通点が多いから。年齢だけでなく、幼いころに芸能界入りしているところや、ファン思いなところなど、そっくりなんです。『俺らって似てるよね』と話していたといいます」(前出・テレビ局関係者)

広告の後にも続きます

 

先のFAXには“1年前から体調を崩し始めた”とあるが、実は、本誌も同時期に彼の“異変現場”を目撃していたのだ。それはちょうど1年前の昨年末、本誌が特別編集した『Sexy Zone Calender』の香港ロケでのことだった。亜熱帯の香港だが、この日は急に冷え込んだという。屋外プールでの撮影にほかのメンバーが躊躇するなか――。

 

「撮影スタッフたちも『無理しないでね』と気遣うなか、松島さんは文句ひとつ言わず、真っ先にプールに入っていました。取材でも、記者のことを考えて答えてくれて、とにかく努力家なんだなって感激していたんです。でも、今思えば無理してたのかなって……」(スタッフ)

 

また、彼は周囲に“できすぎた気遣い”を見せていたという。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル