top_line

みんなで応援しよう!「ラグビーW杯」最新ニュースはコチラ

光石研、実の父親と初共演 「もう二度とやりたくはないですけどね(笑)」 「逃げきれた夢」本編映像

映画スクエア

 2023年6月9日より劇場公開される、光石研主演の映画「逃げきれた夢」から、光石研が実の父親と親子役として初共演したシーンの、本編映像が公開された。

 映像で描き出されているのは、周平(光石研)が介護施設で暮らす父親を訪ねる一場面。周平の父は、近寄ってくる息子に目もくれず、車いすに腰かけたまま遠くを眺めている。そんな父の隣に座った周平は、困ったように笑いながら「参ったよ。どうしようかね、これから」と話し始める。意思の疎通のできない父を気にとめることなく、世間話を続ける周平。対する父は、黙ってはいるが、穏やかな表情を浮かべている。

 俳優経験は一切ないという光石の実父だが、二ノ宮隆太郎監督の強い希望により共演が実現した。実の父との共演について光石は、「やっぱりものすごく気は使いましたし、ズブの素人がポツンと座って、外見てるだけなんですけど、それが成立するものなのか心配でした。でもそこは、やっぱり映画の面白いところで。俳優という職業はスタッフの皆さんが支えて下されば、誰でも出来るんだなという風に本当に思いました。ただ、やっぱりもう二度とやりたくはないですけどね(笑)」と、現場スタッフへの感謝とともに、親子共演への複雑な思いを語っている。

 「逃げきれた夢」は、人生のターニングポイントを迎えた中年男が新たな一歩を踏み出すまでを描いた作品。北九州で定時制高校の教頭を務める末永周平。ある日、元教え子の南が働く定食屋で、周平は支払いをせず無言で立ち去ってしまう。記憶が薄れていく症状によって、これまでのように生きられなくなってしまった末永。妻の彰子との仲は冷え切り、一人娘の由真は父親よりスマホ相手の方が楽しそう。旧友の石田との時間も、ちっとも大切にしていない。周平は、「これから」のために、「これまで」を見つめ直していく。

 主演は、映画デビューから45年にわたり、日本の映画・ドラマ界で活躍してきた光石研。「あぜ道のダンディ」から12年ぶりの映画単独主演作となる。光石本人の人生のエッセンスを注入したという物語は、生まれ故郷で青春時代を過ごした福岡県北九州市のオールロケで撮影された。物語のカギを握る周平の元教え子・平賀南には、光石研と同じく北九州出身の吉本実憂が、オーディションで選ばれた。主人公の妻を坂井真紀、娘を工藤遥、旧友役を光石研本人とも気心の知れた松重豊が務める。

広告の後にも続きます

 監督・脚本は、二ノ宮隆太郎。瀬々敬久監督が審査員を務めた2019年フィルメックス新人監督賞のグランプリ受賞作である脚本をもとに、二ノ宮監督自らがメガホンを取り、商業映画デビューを飾った。本年度のカンヌ国際映画祭ACID部門への正式出品を果たしている。

【作品情報】
逃げきれた夢
2023年6月9日(金)より新宿武蔵野館、シアター・イメージフォーラムほか全国ロードショー
配給:キノフィルムズ
©2022『逃げきれた夢』フィルムパートナーズ

 
   

ランキング(映画)

ジャンル