top_line

みんなで応援しよう!「ラグビーW杯」最新ニュースはコチラ

芳根京子“亜季”、イラストを無断使用されたというイラストレーターの対応にあたる

TVerプラス


芳根京子が主演、重岡大毅(ジャニーズWEST)がバディ役として共演する水曜ドラマ『それってパクリじゃないですか?』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)第9話が、6月7日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

お人好しの新米社員・藤崎亜季(芳根)と、妥協ゼロのエリート上司・北脇雅美(重岡)が、知財に関する様々な問題に向き合いながら仲間の汗と涙の結晶を守るために奮闘する、笑って胸が熱くなる知的財産エンタメドラマ。現在TVerでは、第1話~第3話、ダイジェスト動画が配信中。

前回第8話は、開発部長・高梨伊織(常盤貴子)への不信が募る中、月夜野に知財部を作った張本人である高梨を信じようと決意した亜季は、ハッピースマイルの田所ジョセフ(田辺誠一)と、発明家の中野誠司(板尾創路)から話を聞こうと提案。亜季に背中を押された又坂市代(ともさかりえ)がかつての先輩である中野の行方を探ることになり、北脇が亜季と共にハッピースマイルに向かうことに。北脇は、月夜野と同じくハッピースマイルも「総合発明企画」に狙われているのではないかと睨んでいたのだ。田所は、高梨がハッピースマイルに来た理由を説明。そして、高梨の過去についても語り始める。

中野の研究を善意でサポートしていたものの、芹沢(鶴見辰吾)に騙されて彼の発明を奪う形になったことを後悔し、自らの過去と向き合ってきた高梨。高梨の思いに触れた亜季は、諦めたくないと主張するが、高梨は増田一朗(赤井英和)に退職願を提出してしまう。社内に諦めの声があがる中、「ビジネスにときには正義があってもいい」と亜季と共に文献捜索に励む北脇。一方、中野と再会した又坂は、特許の出願書類に最初は中野の名前が書かれていたことを知る。

そして芹沢との対決の日。強気な態度を崩さない芹沢に、月夜野を辞めて芹沢の悪事を世間に公表すると宣言する高梨。そこに又坂が飛び込んでくる。中野の名前で提出された特許が、芹沢の手で書き換えられていた証拠が見つかったのだ。「太陽新社」時代からの悪事を隠しきれなくなった芹沢は月夜野との戦いを諦め、高梨は中野とも和解を果たしようやく月夜野に平和が戻ったかにみえたが……。

第9話では、社運をかけた新商品「カメレオンティー」の発売が迫る中、人気イラストレーターのハナモ(南海キャンディーズ・しずちゃん)が販促グッズにイラストを無断使用されたとSNSに書き込み、亜季が対応することに。一方、「カメレオンティー」が特許の侵害にあたるとハッピースマイルから警告書が届き、北脇は窮地に立たされる。はたして2人の運命は?
 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル