top_line

【急上昇】伊藤健太郎 関連記事まとめ読み

デビッド・ベッカムら豪華セレブ出演のファッションショーイベントに登坂広臣、窪塚洋介、三浦翔平らも大集合

music.jp

デビッド・ベッカムら豪華セレブ出演のファッションショーイベントに登坂広臣、窪塚洋介、三浦翔平らも大集合(C)music.jp MEN'S PRE-FALL 2019 SHOW TOKYO
キム・ジョーンズによる初のプレフォール コレクション ファッションショーが11月30日(金)に東京・テレコムセンターにて開催。デビッド・ベッカム、ケイト・モス、ベラ・ハディッドなどが来日し、日本からは登坂広臣、窪塚洋介、三浦翔平、岡田健史、吉沢亮、ケンブリッジ飛鳥など豪華な顔ぶれが揃いました。

新たなる展望。
伝統を重んじながら絶えず未来に目を向ける、現代の日本のパラドックスは、21世紀におけるオートクチュール メゾンのアイデンティティと、創業以来、相互作用を果たしてきた伝統への畏敬と変革を映し出します。
日本は、ディオール メンズ アーティスティック ディレクター、キム・ジョーンズによる2シーズン目となる2019 プレフォール コレクション ショーを開催するのにふさわしい地であると言えます。
ディオールと日本との長く豊かな歴史。クリスチャン・ディオールはこの国に魅せられて、日本の衣装文化を分析し、それを自らのクリエイションのインスピレーション源としました。
彼のオートクチュール コレクションは、アジア全般に影響を受けたものが多く、その中でも日本はとりわけ顕著でした。
着物の帯のようにドレープを付け結ばれた幅広のサッシュベルト、交差させることで身体を包み込むウェア、シームレスの滑らかなショルダーライン、着物のようなドレープ。
いずれも伝統的な日本の衣類から導き出された繊細な表現で、クリスチャン・ディオールのコレクションでは繰り返し採用されてきました。
色褪せないディオール スタイルに加えて、キム・ジョーンズはさらに今日の日本文化のハイパーモダンなリアリティを導き出します。
日本の歴史的神話ではなくモダンな現実を探求し、この国の名高い歴史も、しばしば思い描かれる未来も参照しました。
ショーにはデビッド・ベッカム、ケイト・モス、ベラ・ハディッドなどが来日し、日本からは登坂広臣、窪塚洋介、三浦翔平、岡田 健史、吉沢亮、ケンブリッジ飛鳥など豪華な顔ぶれが揃いました。

<Photo : GETTY IMAGES FOR DIOR>
会場に設置された巨大なフィギュアのセンターピースはキム・ジョーンズと現代アーティスト 空山 基により共同制作されたものです。

ハッシュタグ : #DiorPreFall #ディオール

TOPICS

ランキング

ジャンル