top_line

みんなで応援しよう!「ラグビーW杯」最新ニュースはコチラ

「iKONを守ってくれてありがとう」移籍後初の東京公演に幕、iKONICと歌って踊ってウラチャチャ大騒ぎ

ナタリー(音楽)

iKONのワールドツアー「iKON WORLD TOUR [TAKE OFF] 」の東京公演が本日5月27日に幕を閉じた。

【この記事の画像(全17件)をもっと見る】

「iKON WORLD TOUR [TAKE OFF] 」は、iKONが5月から9月にかけて台湾やフランス、スペイン、タイ、アメリカなどを巡るワールドツアー。日本公演は5月26、27日に東京・東京ガーデンシアターで開催され、7月8、9日には大阪・丸善インテックアリーナ大阪での公演も控えている。本稿では、26日に開催された初日公演の様子をレポートする。以下、ネタバレが含まれているため、大阪公演に参加予定の人はご注意を。

昨年末、契約期間満了によりメンバー全員が韓国の大手事務所・YGエンターテインメントとの専属契約を終了し、今年1月、143エンターテインメントに移籍したiKON。今回のツアーは移籍後初のワールドツアーということもあり、ライブの幕開けを告げるオープニング映像では、「僕たちを遮るものに対抗し、僕たちを歓迎する全てのドアをノックするつもりだ」「突然恐怖が生じても勝ち抜くことができるだろう、僕を信じる人たちと一緒であるなら」といった、新たな一歩を踏み出したiKONの覚悟が滲む言葉の数々が並んだ。映像の終了と同時に、ステージの前面を覆う半透明の紗幕に6人のシルエットが浮かび上がり、その後突如鳴り響いた大きな爆発音とともに幕が勢いよく落下。無数の星がきらめく宇宙空間の映像を背に、宇宙服を思わせるシルバーの衣装を身にまとったiKONが観客の前に姿を現した。最新曲「Tantara」でライブをスタートし、その後「SINOSIJAK」「At ease」を投下。登場からノンストップで熱狂を煽り続け、あっという間に会場を掌握した。

事務所移籍前のライブと同様に、全編バンドによる生演奏が行われた本公演。楽曲の演奏はもちろんのこと、バックバンドの面々はMCタイムでも大活躍で、iKONメンバーによるオープニングの挨拶の際にはムーディな演奏で華を添えた。バンド隊によってエモーショナルな空気が作り上げられる中、JU-NEは「めっちゃひさしぶりです!」、DKは「ひさしぶりです!ドンちゃんだよ!今日もよろしく!」と、旧友に再会するかのようなフランクさでiKONIC(iKONファンの呼称)に挨拶。今年新型が発売されたKONBAT(iKONのペンライト名)についても触れ、会場のKONBATの光が紫色に変色した際には、BOBBYが「お、紫に変わったね!ありがとうございます皆さん、いつも助かります」とうれしそうに目を細めるシーンもあった。

広告の後にも続きます

手短に挨拶を終え、わずか3分足らずでパフォーマンスを再開したiKONは4曲目の「DRAGON」を終えた頃には全身汗だくに。ライブの定番曲「RHYTHM TA」「BLING BLING」ではメンバーもiKONICも飛んで跳ねて大騒ぎで、パフォーマンス中には観客の力強いコールも引き出されるなど会場の一体感も高められた。

のちのMCでは、激しいパフォーマンスを繰り広げるあまりSONGが自身の靴のソールが剥がれてしまったことを報告する場面もありつつ、メンバーは熱狂的な盛り上がりを見せるiKONICの姿に満足げな様子。そんなご機嫌なムードの中、JU-NEから「僕、昨日結婚しました」と衝撃の告白が。突然の発表によって会場に緊張感が張り詰めるも、「(自分が出演していた)ドラマの最後の場面で結婚します」と、つい先日最終回を迎えた出演ドラマ「ボラ!デボラ~恋にはいつでも本気~」に絡めた冗談を飛ばした。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(音楽)

ジャンル