top_line

みんなで応援しよう!「ラグビーW杯」最新ニュースはコチラ

石橋貴明が述懐した「たけし軍団入り」寸前だったころ

アサ芸Biz

 今年、結成40周年を迎えた「たけし軍団」。3月には軍団メンバーによる記念舞台が公演されたが、“殿”たけしには上演の件を伝えておらず、残念ながら師匠の来場はなかった。

 たけし軍団とはそもそも、当時たけしの趣味であった草野球チームを作るために集められた者たち。あまり知られていないが、「とんねるず」の石橋貴明もこの草野球に参加しており、たけし軍団入りしていた可能性があったというのだ。

 18年5月放送の「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)にゲスト出演した元宮崎県知事の東国原英夫氏によると、たけしは帝京高校野球部出身で草野球でも速球をバンバン投げ込んでいた石橋を大変気に入っていたとか。しかし、東国原氏は石橋を呼ぶように言われても本人に伝えず、たけしには「忙しくて最近、暇がないみたいですよ」と答えていたことを明かしている。

 石橋は「俺が呼ばれてずっとたけしさんの野球チームで活躍していたら、たけし軍団に入っていたかも」と述懐している。

「若くしてお笑い界の頂点を極め、80〜90年代のテレビの寵児となったとんねるずですが、軍団入りしていたらあそこまでの活躍はなかったはず。そもそも団員には師匠が芸名を付けており、それは軍団入り前から芸能活動を行っていたメンバーも例外ではありません。仮に軍団入りしていれば、石橋貴明も木梨憲武も違う芸名を名乗ることになっていたでしょうし、とんねるずも別のコンビ名になっていた可能性もあります」(スポーツ紙芸能デスク)

広告の後にも続きます

 ちなみに東国原氏は、野球のポジションが奪われることに危機感を抱いて師匠にウソをついたことを認めている。だが、芸能界におけるとんねるずの功績を考えれば、むしろファインプレーだったのかも。

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル