top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

“かわいい”だけで野生動物をペットとして飼うことのリスクを伝える「飼育員さんだけが知ってるコツメカワウソのウラのカオ」

TOKYO HEADLINE

上野動物園で31日まで来園者向けイベント開催

 東京・上野の上野動物園で5月25日から来園者向けイベント「“ウラのカオしおり”で知る、飼育員さんだけが知ってるコツメカワウソのウラのカオ」がスタートした。

 このイベントは公益財団法人 世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)と上野動物園が「世界カワウソの日」(5月31日)に合わせ、コツメカワウソのペット利用の問題を多くの人に知ってもらうために開催するもので期間は31日まで。

 イベントではコツメカワウソの生態や習性などを分かりやすく解説した“ウラのカオしおり”を作成。このしおりを張ったパネルを動物園内に設置し、来園者に持ち帰ってもらう。このしおりにはコツメカワウソの生態が描かれ、それに伴うペットとして飼う場合のリスクに関する情報も載せられている。またしおりにあるQRコードからはコツメカワウソの“ウラのカオ”を解説した動画を見ることができる。

飼育方法が確立されていない動物を自宅で飼うのは困難

 こういったコツメカワウソ関係のイベントは今回が3回目。昨今、コツメカワウソのかわいい部分だけが切り取られ、SNS等で発信されることで「ペットとして飼いたい」と思う人が増えているのだが、野生動物であるコツメカワウソを自宅で飼うことは容易ではない。また、コツメカワウソに限ったことではないのだが、こういった飼育方法が確立されていない動物を飼い「こんなはずではなかった」と遺棄するケースが増えており、在来種へ深刻な影響を与えることも大きな問題となっている。こういった理由からこのウラノカオキャンペーンでは飼育することの大変さを伝えることで「本当に飼っていいのか」ということを伝えるとともに、飼育したいという人自体を減らすことを目的としているという。

 WWFジャパン自然保護室 野生生物グループの浅川陽子氏によると「コツメカワウソは2007年ごろにメディアで取り上げられたことをきっかけに人気が高まり2017年ごろに需要がピークに。当時は条件さえ整えば輸入は可能だったのだが、ルールを守らずに密猟・密輸が横行。2016~2019年には20頭ものコツメカワウソが日本向けの密輸個体として押収されている。こういった背景から国際的にも日本のペット需要が問題視されるようになり、ワシントン条約の場でも2019年に国際取引が原則禁止となり、輸出入が原則禁止となった。しかし生息地であるベトナムやサイパンといった国では密猟が確認されている」という。この密猟や密輸が横行するのはペットとしての需要があるからに他ならない。

広告の後にも続きます

 またコツメカワウソの個人での飼育については上野動物園の大橋直哉 教育普及課長が「あまりやらないほうがいい。実際に飼っている人がSNS等で発信しているのを見て“自分でも飼えそう”と思う人がいるが、それは24時間の中のごく一部の良いところしか発信していないから。病気、トイレの掃除、におい、鳴き声といった大変なところはカットされておいしいところだけ出ているのは問題だと思う」とSNSでのかわいい部分だけの発信に警鐘を鳴らす。また「病気になったらどうするのか。コツメカワウソを診られる獣医はゼロではないが少ない。あと、エサは魚と肉なんですが、魚を食べる動物はフンが臭い。24時間、部屋の中でそれは大変なのではないかと思う。本質的には野生動物なので噛みつくこともある。鳴き声もうるさいし、複数で飼うともっとすごい」などと個人飼育が困難な具体的な理由を挙げた。そして「動物福祉的にもコツメカワウソを自宅で飼うのはコツメカワウソにとってはストレス。動物に負担をかけてしまうということは飼う側が考えるべき」とも語っている。

 この日はメディアに採食シーンが公開されたのだがアジと鶏頭を一心不乱にむさぼるコツメカワウソの姿があった。

 今回のイベント「“ウラのカオしおり”で知る、飼育員さんだけが知ってるコツメカワウソのウラのカオ」は31日まで13~14時に上野動物園 東園 動物慰霊碑横で開催。毎日、105枚のしおりがパネルに張られ、なくなり次第終了となっている。

 なおWWFでは野生動物のペット利用に伴うリスクとして「野生動物を絶滅に追い込むリスク」「密猟・密輸を増加させるリスク」「動物由来感染症(人獣共通感染症)に感染するリスク」「動物福祉を確保できないリスク」「外来生物を発生・拡散させるリスク」という5つのリスクを指摘。昨年3月から「野生動物の“ペット化”の見直しを訴えるキャンペーン」を展開している。同キャンペーンではコツメカワウソ以外にもショウガラゴ、スローロリス、フェネック、コモンマーモセット、スナネコという5種類の動物も取り上げている。

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル