top_line

野球!サッカー!スポーツ最新ニュースをまとめ読み

近藤頌利“一条”、ゆうたろう“真尋”に「キスしてみないか」と提案!?

TVerプラス


近藤頌利が主演を務めるドラマ『全ラ飯』(カンテレ、毎週木曜24:25~ ※関西ローカル)の第7話が、5月25日に放送。三木真尋(ゆうたろう)をあたたかく見守るリュウ・ハオシャン(フィガロ・ツェン)の“忘れられない彼”役で、眞島秀和がゲスト出演する。

本作は、“全裸で食事をする”という秘密の趣味を持ちながら、表向きは非の打ち所の無いハイスペック男子として窮屈な日々を送る金融庁のエリート・一条颯太(近藤)が、料理を通じて思いも寄らない恋におちたことをきっかけに、自分に正直な生き方を見つけるまでを描く新感覚“ムズきゅん”ラブコメディ。現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話とスピンオフドラマ『全ラ飯~M to I~』が配信中。

<第7話あらすじ>
一条颯太(近藤)は三木真尋(ゆうたろう)からキスされたことを“夢”だと思い込んでいたのだが、真尋からキスされたことを告げられ、それがどういう意味ととらえればよいのかわからず戸惑っていた。

週末。料理旅行の次なる一品は台湾の鍋料理。ドキドキしながら三木青果店を訪れた一条は、店番をしていたリュウ・ハオシャン(フィガロ・ツェン)が台湾出身だと知り、3人で鍋パーティーをしようと提案する。

鍋を食べている合間に、恋愛話になった一条とリュウ。「好きな人はいるの?」と問われた一条は、うまく回答できずにいた。「リュウさんは? 好きな人は?」と一条が聞き返すと、リュウは自らの過去の恋愛について、付き合っていた“彼”とのことを語り始める。素直でいられず後悔したリュウは、一条と真尋に「2人には自分の気持ちに正直になって、幸せになってほしい」と告げる。

リュウの心からの優しい言葉に、ただ黙って聞き入る一条と真尋。鍋を食べ終わり、酔った流れで一条の亡き祖母・みづ知(ジュディ・オング)の家に3人で寝ることになったその夜。眠れずにキッチンにやってくる一条。すると真尋も起きてくる。2人きりの静かなひとときのあと、一条は真尋に「キスしてみないか」と言葉をかける……!

また、ネクストブレイク俳優として人気を集めている植村颯太が、物語後半のキーマンとして今後の放送回にゲスト出演することが決定。青春恋愛リアリティショー『今日、好きになりました』の参加をきっかけに、ドラマや映画、バラエティ番組で活躍中の植村が演じるのは、輸入食品会社に勤め、現在は海外で暮らしているコースケ。帰国するやいなや真っ先に真尋に会いにやって来ると、いきなり真尋と再会のハグ。真尋をよく知る何やらワケありの様子に、新たな三角関係が勃発の予感……?
 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル