top_line

野球!サッカー!スポーツ最新ニュースをまとめ読み

走行しながら電気自動車を充電できる高速道路をスウェーデンで建設中

カラパイア


 ガソリン車よりCO2の排出量が少なく、燃費というか電費が安い電気自動車(EV)の課題といえば、航続距離が短いわりに充電時間が長く、かつ充電スタンドが少ないという点だろう。

 つまりちょっとそこまでの運転ならいいのだが、長距離だと一気にハードルが高くなる。

 EVで遠出したドライバーは高速道路上でいつ「電欠」するかとハラハラしたり、すぐ使える充電スタンド探しに気をもんだり焦ったり、やっと充電してもかかる時間の長さにいらついた経験などがあるそうだ。

 EV化が進む北欧諸国の一つスウェーデンではそんな課題を解決する世界初のハイテク道路を建設中。なんとこの道路、走行しながらEVの充電ができてしまうのだ。




Svezia, prima strada elettrificata permanente al mondo per auto elettriche da ricaricare in guida

世界初!スウェーデンが走行しながらEV車を充電できる道路に着手

 北欧の国スウェーデンではEVが走行しながら充電できる世界初の恒久的な電気道路を建設中だ。

 このプロジェクトは国道網の電化を計画するスウェーデンの運輸行政機関 Trafikverket の主導で進められており、完成予定はなんと2025年。順調に行けばわずか2年で新しいEVハイウェイができることになる。

重要なルートが電気道路に。2045年までに3058キロの延長も予定

 その建設地は、スウェーデン中部のエレブルー県内の2つの都市、ハルスベリ市とエレブルー市を結ぶおよそ21キロのルートだ。

 このハイウェイルートは欧州の高速自動車道E20号線上でもある。

 首都ストックホルム、ヨーテボリ、マルメを結ぶ物流トライアングルの中心にある2つの都市は、スウェーデンにとっても重要な拠点だ。

 スウェーデン第6都市であり、国内最大のハブの一つであるエレブルー市からは車で3時間内にウェーデンの人口の大部分に到達できる。

 一方ハルスベリ市から半径20マイル(32キロ)以内にはスウェーデンの企業の60%が所在している。

 つまりこの電気道路はこれからどんどん伸びる可能性がある。実際スウェーデンは2045年までにさらに1,900マイル(3058キロ)ほどの延長も予定している。

充電方式は目下検討中。候補は過去に成功した3つの方式

 Trafikverket はまだ充電方式を決めておらず、試験導入や実験を含めて過去に成功した3つの充電方式、架空電車線方式、導電性(地上)方式、誘導方式を検討中とのこと。

 その3つの方法とは、路面電車のように架線を張りEVに電気を送る方式か

車体の下につけた受電装置を通じて充電する電気レールの敷設か

また誘導方式なら道路に充電用の電磁コイルを埋める方式のいずれかだ。

 無論それぞれに長所も短所もあるわけだが、どれにするかは無論、運輸行政機関 であるTrafikverket 次第だ。

充電を気にせず走れる道路がEV普及率を後押し?

 走り続けてさえいれば充電される道路が実現すれば、EVの目下の悩みの種である充電を気にすることなく停車なしで遠くまで走っていける。

 そうなれば一般の人だけでなく多くの企業が運搬のEV化を進めるだろう。

 ちなみにこうした発想はヨーロッパ各国や車社会で有名なアメリカにもあり、同国インディアナ州でも同様のプロジェクトが進行中なんだそうだ。

 広大なスウェーデンの中ではわずかな区間だが、世界初となる電気道路は本格的なCO2の削減や輸送の持続可能性にも重要な改革になるという。

References robbreport / trafikverketなど /written by D/ edited by parumo

 
   

ランキング(動画)

ジャンル