top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

乾燥わかめを早く戻す方法!たったひとつの調味料で簡単にできる裏技

macaroni

乾物を戻す時間を短縮できる裏技を検証!

わかめ、椎茸、切り干し大根など、料理でよく使われる乾物。基本的には水で戻してから使いますが、急いでいるときには少々使いにくいですよね。

SNS上では、わかめをはじめとした乾物を早く戻せる裏技が紹介され、注目を集めています。この記事では、くわしいやり方をご紹介しつつ、通常と比べて本当に時短ができるのか検証していきます!

乾燥わかめで裏技を検証!

今回検証するのは、乾物のなかでも使われる頻度が高い乾燥わかめ。

汁物で使うときはスープに直接入れれば簡単に戻せますが、サラダや和え物で使うときは個別に戻さなくてはいけません。少しでも時間が短縮できたらうれしいですよね。

使うのは砂糖を溶かしたお湯

まずは2つの小鉢に同量の乾燥わかめを入れておきます。左の小鉢には30℃程度のぬるま湯のみ入れ、右には砂糖を溶かしたぬるま湯を入れます。

広告の後にも続きます

砂糖水は150mlのぬるま湯に砂糖を小さじ1/2杯~1杯溶かして作ります。

事前にお湯に溶かさなくても、砂糖をわかめと一緒に入れておき、お湯を注いでかき混ぜるだけでもOK。

2つ同時にお湯を入れました。どちらも軽くかき混ぜてから、様子を観察してみます。

数十秒後からはっきりとした差が!

お湯を注いでから数十秒後の状態です。お湯だけのわかめに比べ、砂糖を入れたわかめの方が開いていて、水面に浮かんできているのがわかります。

1分後の変化に差あり

1分ほど経つと、どちらも小鉢いっぱいにわかめが膨らんでいます。写真だとわかりにくいかもしれませんが、砂糖入りのわかめは完全に戻っている状態。お湯だけのわかめには、まだ開ききっていないものが少しありました。

戻したわかめに砂糖の味が移らないか心配でしたが、しっかり水を切れば砂糖の味は感じません。砂糖の量が適切であれば、サラダでも和え物でも、料理の邪魔をすることはなさそう。

ほかの乾物でも時短できる

わかめは乾物のなかでも戻し時間が短い食材なので、わざわざ裏技を使うまでもないかもしれませんが、この方法はひじきや干し椎茸など、戻すのに時間がかかる乾物にも使えます。

食材によってはわずかに甘みが入ってしまう可能性がありますが、和食で使用するのであればむしろ砂糖の味がプラスになることも。料理や時間と相談して、上手に裏技を使いこなしたいですね。

時短裏技を知っていれば乾物が使いやすくなる

砂糖だけで乾物の戻し時間を短縮できる裏技。戻し時間が長い乾物は日々の料理で使いにくいですが、時短する方法を知っていればパッと準備ができるので便利ですよ。ぜひ一度試してみてくださいね。
おすすめの記事はこちら▼

切らないピーマンの肉詰めレシピ。時短テクに「盲点だった」「天才」と絶賛の声

オクラはゆでないで!正しい調理方法に「今まで間違えていた」「知らなかった…」の声

洗ってもとれない!カレー鍋の匂いを消す方法に「気配がなくなった」「スッキリ」と驚き

 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル