top_line

癒されたいあなたへ。どうぶつニュースはこちら

20年を地下室で過ごしたおばあちゃん猫。お日さまの下で幸せな晩年を過ごす

カラパイア


 20年…それはニンゲンにとっても長い年月だ。生まれた赤ちゃんが成人するくらいの月日だもの。そんな長い時間を、暗い地下室に閉じ込められて生き抜いてきた猫がいた。今日は2017年の夏、初めて外の世界に触れたおばあちゃん猫の話をしよう。



Cat Abandoned in Basement for 20 Years Is FINALLY Loved | The Dodo

20年間!暗い地下室で独りで過ごしてきた猫

 マランダーでもよく動画を紹介させてもらっているYouTubeチャンネル、The dodo。そのプロデューサーを務めるアニタ・ダイアマントプロウさんは、2017年の夏、ニューヨークのヘルズキッチンにあるアパートメントに引っ越した。

 その時アニタさんは、ここの地下室には猫が住んでいると聞かされて、様子を見に行ってみた。すると暗い地下室には、痩せ細った1匹の猫がいたんだ。

 アニタさんが聞いたところによると、1997年にこのアパートを去った住人が、この猫を地下室に置き去りにしたんだと言う。以来20年にわたって、アパートの住人から水と餌をもらいながら、猫はここでひっそりと生きてきたのだ。

欲しかったのはご飯よりもたっぷりの愛情

 餌を与えようとしたアニタさんだが、猫は餌よりも撫でてほしがった。この猫が切望していたのは、食べ物ではなく、愛情だったんだよ。

 アニタさんは何とかしてこの猫を救おうとした。既に最低でも20歳を過ぎているこの猫を、「グラニー(おばあちゃん)」という愛称で呼びながら、お医者さんにも連れて行った。

 グラニーには歯がほとんど残っておらず、また加齢による健康問題を抱えていた。さらに検査の結果、腫瘍も見つかったんだ。だが医師は適切な処置をすれば、グラニーは健康になると請け負った。そのためにはまず体力をつけなくては。

お日さまの下で新しい猫生がスタート!

 実はアニタさんはこの時すでに猫を飼っていて、グラニーを引き取ることができなかった。そこで彼女はグラニーに終の棲家を提供してくれる友人を見つけるとともに、クラウドファンディングを立ち上げて、グラニーの治療のための資金を募った。

 友人の家に引き取られたグラニーは、最初のうちはバスルームから出てこなかったんだそう。暗い地下室で生涯の大半を過ごしていたグラニーにとって、明るく清潔な環境は眩し過ぎたのかもしれない。

新しい環境でどんどん元気になっていった「おばあちゃん」

 だが翌日になると、グラニーはバスルームを出て、もりもりご飯を食べ始めた。そして驚くべきスピードで、新しい環境になじんでいったんだよ。

 飼い主となったアニタさんの友人にもすぐに懐いたグラニーは、頭をすりつけてナデナデしてもらうのが大好き。そしてブラッシングしてもらうのも大好き。

 グラニーはさまざまな疾患を抱えていたものの、クラウドファンディングで集まった資金で毎日手厚い治療を受け、2017年の秋には体重も増えて、見違えるほど元気になっていたそうだ。

 地下室にペットが置き去りにされていたと言えば、マランダーではこんな事件を紹介したこともあった。



 グラニーは2018年2月2日の夜、突然の体調悪化により救急病院へ運ばれ、残念ながらそのまま虹の橋へと旅立っていった。これから手術や歯の治療をして、さらに元気に快適に暮らしてもらおうと計画していた矢先だったという。

 アニタさんに保護されてから約半年。幸せな一生だったとは決して言えないかもしれない。けれどその猫生の最後の数か月を、明るいお日さまと外の風を存分に浴びて、美味しいご飯を食べて、そして何よりもたくさんの愛情を注がれて生きたグラニー。

 きっと今頃は虹の橋のたもとで、自由に走り回ったりお昼寝したりして幸せに過ごしていると信じよう。

written by ruichan


※この記事はカラパイアの姉妹サイト「マランダー」に掲載されたものです。面白い動物情報を集めたマランダーの方にも是非訪れてみてください。
 
   

ランキング(動画)

ジャンル