top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

一見重厚そうに見える「長崎銀行」、しかし上から見るとオンボロだったと話題に!

9ポスト

昔ながらの商店街を散策すると、見慣れた景色の中に時折、驚きの光景が待ち受けていることがあります。そんな一つが、一見すると重厚な建物に見える長崎銀行の本店です。しかし、その実態は一筋縄ではいかない構造を持っているのです。

【動画が表示されない場合はこちら】

長崎銀行の本店は、道路から見ると鉄筋コンクリート造りのビルのように見えますが、実は見掛け倒しの「看板建築」で、内部は瓦屋根の建物という驚くべき構造を持っています​。この事実がSNS上で話題になり、多くの人々が驚きの声を上げています。一部のコメントでは、「まったく知らなかった、長崎銀行かっこいい建物だよなーって思ってたら…」といった意見が見られ、一部の人々はこの建物の真実に驚いていました​。

なぜこのような構造になったのかというと、それは建物自体が大正時代から残されていることに起因します。この建物は被爆前の貴重な建築として、その歴史を継続しているのです。瓦屋根が見えない箇所は、3階部分を増築した箇所で、その部分に合わせて外壁が施されています​。

ネットには「知らなかった!」「すごい!」など驚きのコメントが寄せられています。

広告の後にも続きます

この一見すると普通のビルが、実は長い歴史を持つ瓦屋根の建物だという事実は、見た目だけではなく、物事の本質を見極める重要性を示しています。さらに、その歴史的な建物が現代でも利用され続けていることは、過去と現在が共存する長崎の街の姿を象徴しているとも言えます。

動画が見られない方はこちら

 
   

ランキング(動画)

ジャンル