top_line

みんなで応援しよう!「ラグビーW杯」最新ニュースはコチラ

あなたの夫婦関係が悪化するか計算式でわかる? 「ロサダライン」の法則とは

NewSphere


 夫婦関係を良好にするには、お互いポジティブな言葉をかけ合うのが一番だ。とはいえ一緒に生活するなかで、ときには不満を伝えなければならない場面も訪れる。ポジティブな言葉とネガティブな言葉の割合は、どの程度が適切なのだろうか?

 海外のある研究はこの割合を探り、健全な関係を保つための「ロサダライン」と呼ばれる数値をはじき出した。それによると、良いコメントと悪いコメントを同じ数だけパートナーに述べているようでは、夫婦関係はみるみる悪化してしまうようだ。もっとも、ロサダラインの正確性を疑う指摘はあるようだが、少なくとも夫婦の関係性を見つめ直す一つのきっかけになりそうだ。

◆ビジネスの場に着想を得た、人間関係の改善手法
 ロサダラインはもともと、会社内での人間関係にヒントを得て考案された。米フォーブス誌によると、米ミシガン大学のバーバラ・フレドリクソン氏と、ブラジリア・カトリック大学のマルシャル・ロサダ氏による共同研究が前身となった。研究では両氏の指揮の下、研究チームが60のビジネスチームを観察した。研究チームは、各ビジネスチームが戦略の立案中に交わしたコメントを、ポジティブかネガティブかで分類した。結果、収益性や顧客満足度、そして社内からの評価において優れた業績を発揮しているチームほど、ポジティブなコメント数をネガティブなコメント数で割った比率が高いことがわかったという。

 米健康情報誌のベリー・ウェル・マインドは、この研究結果から具体的な数値を挙げ、比率が2.9013から11.6346の範囲にある際にチームの業績が最良になると紹介している。ネガティブなコメント1回に対して、ポジティブなコメントが少なくとも約2.9回必要となる。ただし、約11.6回を超えるようだと、かえって業績は低下するという。





(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

広告の後にも続きます

◆ロサダ氏が提唱する「3:1」の法則
 これをカップルに応用したものがロサダラインだ。ウェルビーイングに特化した情報を発信する英マインド・ツール誌は、「ポジティブな関係性を築くための理想的なレシピ」として紹介している。夫婦の場合でもビジネスの場と同じく、ポジティブな発言数をネガティブな発言数で割って2.9以上になる状態が理想だという。つまり、否定的なコメント1つに対して約3回の前向きな言葉を口にしていないと、関係が悪化してゆく危険性があるということだ。

 なにかと否定的な言葉が口を突いてしまう場合、どのように気をつければ夫婦関係を改善できるだろうか。同誌はまず、自分の感情をコントロールするよう呼びかけている。良くないことが起きた日でも、相手にまで冷たい言葉を投げかけないようにと同誌は説く。ほか、相手の良い点を意識して探すことや、悪いことを伝える場合でもポジティブな話題から切り出し前向きに締めることが有効だという。

 組織文化の醸成を手がけるコンサルタントであるラジャ・テワリ氏は、投稿サイトのミディアム(2019年12月26日)上に記事を掲載している。読者に対し、パートナーなど重要な相手に対して3:1の交流法を実施していないのであれば、すぐに活用した方が良いと勧める内容だ。傾聴、積極的な質問、笑顔を向けるなどすると、さらに関係を良好にできるという。





(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

◆正確性には諸説も、前向きな言葉はいずれにせよ重要
 留意点として、ロサダラインをはじき出した研究論文は、データの扱いに不正確な部分があったことなどから疑問の目も向けられている。マインド・ツールは、共著者のフレデリクソン氏が、2.9:1の比率を記載した部分を論文から撤回したと但し書きを加えている。

 フォーブス誌はロサダラインの存在を紹介し、元となったビジネスの場での研究には納得している。しかし、夫婦関係に当てはめたことについては懐疑的だ。論文は本来人間関係の分析には使われない数式を使うなどしており、数字の算出の根拠に疑問が残ると同誌は指摘している。

  • 1
  • 2