top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

爆笑問題・田中裕二、山口もえへの“恩返し”で近所の子供に“神対応”大病経て「他人に興味がない男」が変わった!

SmartFLASH

 まさに、絵に描いたようなイクメンぶり。しかし、こんな朗らかな場面を“想像もできなかった”と語るのは、テレビ局関係者だ。

 

「暴走する相方・太田光をなだめる常識人、というのは表面上だけ。本当に“異常”なのは田中さんのほうですよ。事務所の後輩であるウエストランド・井口浩之さんが、テレビ番組で『人類史上、初めて他人にまったく興味がない人間』『目がビー玉になる』と暴露していましたが、実際、そうなんです。先祖は豪商で、兄はデザイナーという華麗なる一族です。プライドが高く、後輩芸人に興味を示さない。かつては、子供嫌いでも知られていました。まさかこんなに柔和な表情ができるなんて……」

 

 田中の“変化”のきっかけは、2021年に患った大病だ。

広告の後にも続きます

 

「1月19日深夜に、自宅で頭痛を訴え、病院に緊急搬送されました。検査の結果、前大脳動脈解離によるクモ膜下出血・脳梗塞と診断され、即入院。仕事も1カ月間、休みました。その間、田中さんを献身的に看病し、励ましたのが山口さんでした」(芸能記者)

 

 2020年には、一家で新型コロナウイルスに感染するなど、多くの災厄に見舞われた。2021年9月、「女性セブン」に、山口がスピリチュアルに傾倒していると報じられたこともある。

 

「たび重なる家族の病を、自分のせいだと思い悩んだ山口さんが、とある霊能力者に心酔し、数十万円もする怪しげなアイテムを購入した、という内容でした。実際、おっとりした口調で天然キャラの山口さんですが、非常に責任感が強いんです。思い悩む妻の姿を前にして、田中さんはなるべく、家族との時間を大切にしようと決めたのです。脳梗塞は、手当てが遅れれば死に至る病。回復したいまは、命を救ってくれた妻への“恩返し”奉公というわけなんですよ」(芸能記者)

 

 実際、テレビの現場でも田中は変貌を遂げている。

 

「『子育てに関しては、本当に嫁に感謝だよね』と、よく口にしています。お酒を飲まないこともあってか、収録が終わると、まっすぐに帰宅していますね。病気のこともあり、仕事を詰めすぎないようにした結果、打ち合わせ中にウトウトすることも減りました(笑)。番組のゲストや新人タレントに対し、緊張しないよう、収録前に積極的に話しかけてくれるのもありがたいです」(番組プロデューサー)

 

 ついに人の心を取り戻した田中。“非常識”な太田へのツッコミが、ますます激しくなるかも?

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル