top_line

みんなで応援しよう!「ラグビーW杯」最新ニュースはコチラ

【京王杯SC】蛯名正義厩舎、重賞初制覇! 切れ味発揮レッドモンレーヴの今後

SPAIA

藤沢和雄調教師から受け継がれたバトン

京王杯SCで重賞初制覇を遂げたレッドモンレーヴは昨年2月末まで藤沢和雄厩舎にいた。レッドモンレーヴは名伯楽の引退を記念して製作されたNHKのドキュメント番組でグランアレグリアとともに取り上げられた。そのときの紹介が「騎手を乗せられないほどの暴れ馬」といったニュアンスで、藤沢和雄調教師のもとで調教され、ようやく軌道に乗ってきたという感じだった。番組の中で師は「一生懸命走るのがあまり好きじゃない。適当に走りたいんだよ」とレッドモンレーヴについて語っていた。

かくしてレッドモンレーヴは師が引退する最後の開催で2勝目をあげた。番組の最後には厩舎最後の日に師が馬房を訪れ、労うように愛撫すると、頭を下げ、甘えるような仕草を見せる様子が流れた。本当にレッドモンレーヴが気性のキツい問題児だったのかと疑問に思うほどの姿がそこにあった。

その後、蛯名正義厩舎に転厩したレッドモンレーヴは8カ月の休養を経て、天皇賞(秋)当日に行われた藤沢和雄元調教師が2022年顕彰者に選ばれたことを記念したレジェンドトレーナーカップを勝利し、師への恩返しを飾る。3勝クラス2、1着を含め、東京芝1600m【2-1-0-0】。3戦の上がり33.3、33.4、33.1で東京の高速上がり勝負に強い。蛯名正義厩舎で着実にパワーアップした。前走のダービー卿CTこそ大きく出遅れ、決め手を活かしにくい中山もこたえ7着だったが、ここは東京替わり。かつスローペースで瞬発力を存分に発揮できた。蛯名正義厩舎の重賞初制覇も感慨深いものがあるが、それ以上に気性難を抱えたレッドモンレーヴが東京の直線を鮮やかに駆け抜け、重賞を勝ったことに競馬の奥深さを感じた。改めてホースマンたちの根気強さに敬意を表したい。

さて、レースは戦前の予想通り、1400m初出走のベレヌスが単騎で逃げられるほどのスロー。前半600mは34.9と先行馬にとっても負担は少なく、600~800m11.7で息も入り、こうなると、位置取りの競馬だ。一方で、切れ味勝負に強い瞬発力型も末脚を温存しやすい流れになった。レッドモンレーヴも上がり2位32.6を記録。裏を返せば、ある程度前の位置をとらなければ、瞬発力があっても逆転できない流れでもあった。

レッドモンレーヴといえば母はラストグルーヴなので、祖母エアグルーヴ、ダイナカールの牝系だ。この系統は祖母の父トニービンが入るので、長くいい脚を使える持続力タイプが多い。サンデーサイレンスの血を持たないエアグルーヴにはサンデーサイレンスやダンスインザダーク、そしてラストグルーヴの父ディープインパクトと、瞬発力に特化したサンデー系が交配され、代を経て瞬発力を備える産駒も出ており、レッドモンレーヴは父ロードカナロアの影響も受け、マイル前後の瞬発力型として成長した。安田記念挑戦なら、底力を問う流れでどこまで末脚を繰り出せるか、注目に値する。


慣れてくれば面白いアヴェラーレ

2着は、高松宮記念で10着のウインマーベル。不良馬場でスタートもあまりよくなかった前走はチグハグな競馬だった印象がある。ここは上手く立て直され、流れに乗った競馬でらしさを見せた。瞬発力では見劣るものの、短距離で示したしぶとさでスローペースを克服した点は大きい。スローの1400mは距離適性を問われにくい反面、スプリンターにとって流れに乗りづらい面もある。今回の立ち回りなら、今後は選択肢が広がるだろう。

3着ダディーズビビッドも高松宮記念11着から巻き返した。前走はウインマーベルよりも前で競馬し、最後は馬場がこたえた。左回りで条件好転ならこれぐらいやれる。得意舞台は中京。この次がサマーステージなら、まだまだ目を離せない。

上がり最速32.5を記録したのは4着アヴェラーレ。あえて翌日のGⅠではなく、こちらに駒を進めてきた判断が結果につながったか。だが、目立つ脚色で最後に追い込むも、前半の位置取りが結果的に厳しかった。今回は昇級初戦であり、オープンの流れに慣れ、もう少し位置をとれれば面白い。父ドゥラメンテらしい瞬発力を秘めており、東京のような高速上がりを求められる舞台で狙いたい。


ライタープロフィール
勝木 淳
競馬ライター。競馬系出版社勤務を経てフリーに。優駿エッセイ賞2016にて『築地と競馬と』でグランプリ受賞。主に競馬のWEBフリーペーパー&ブログ『ウマフリ』や競馬雑誌『優駿』(中央競馬ピーアール・センター)にて記事を執筆。Yahoo!ニュース個人オーサーを務める。新刊『テイエムオペラオー伝説 世紀末覇王とライバルたち』『競馬 伝説の名勝負 GⅠベストレース』(星海社新書)に寄稿。

《関連記事》
・【オークス】桜花賞1着、上がり最速、1番人気、そして2月生まれ リバティアイランド二冠へ、データは揃った!
・【平安S】充実グロリアムンディ、JRA重賞に王手! 一発秘めるは重賞2勝馬サンライズホープ
・「前走上がり2位以内の馬」で複勝率6割超 川田将雅騎手の「買える条件・買えない条件」

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル