top_line

野球!サッカー!スポーツ最新ニュースをまとめ読み

高齢の猫が安心して暮らせる猫のための老人ホーム

カラパイア


 猫は人間と同じように年をとると様々な問題を抱えるようになる。体力や運動能力の低下、病気や障害、飼い主との死別などだ。

 そんな高齢猫たちが安心して暮らせるようにと、イギリスの動物保護施設では高齢猫のための老人(猫)ホームを作った。

 敷地内の一角に作り上げた老猫ホームは小さな村のようになっていて、低い屋根の小屋が立ち並ぶ。 猫たちが好きなだけ運動したり、交流したりできるように、広い小道が設けられている。



Take a look at the retirement village where elderly cats live out their days in mini cottages

高齢猫のための老人ホーム「リタイアメント・ビレッジ」

 2019年に設立された英国シュロップシャー州にある猫の動物保護施設”Shropshire Cat Rescue”では、保護された猫や子猫の里親探しや医療ケアを行っている。

 また、施設の一角には、年老いた高齢猫たちが安心して暮らせる「リタイアメント・ビレッジ」がある。

 かわいらしい小屋が立ち並ぶゲート付きの村で、人間がお世話をしきれなくなったり、飼い主と死別してしまった高齢猫が現在17匹ほど暮らしている。

 猫は平均寿命が15年前後と言われているが、最近では20年近く生きる猫も珍しくない。

 だが、高齢になると人間同様、猫も若い頃と比べて、体力の低下や視力や聴力が衰えてくる。また病気を発症しやすくなり、猫の日常生活に影響を与える。

 そのため若い猫と違い、新たな家族を見つけるのが難しくなる。
この投稿をInstagramで見る

Shropshire Cat Rescue(@shropscatrescue)がシェアした投稿

 リタイアメント・ビレッジは、高齢猫たちが自由に過ごせるように設計されている。

 ここでは、高齢猫たちに快適なベッドやキャットタワー、おもちゃや爪とぎ用ポストなどが用意されている。また、広い庭やテラスもあり、高齢猫たちが日光浴や散歩を楽しめる。

 さらに、高齢猫たちの健康管理や医療ケアも行われており、定期的に獣医師による健康チェックやワクチン接種を行い、必要な場合は薬や治療を施す。

 また、高齢猫たちの食事も個別に調整し、栄養バランスや食欲を考慮しているという。
この投稿をInstagramで見る

Shropshire Cat Rescue(@shropscatrescue)がシェアした投稿

 リタイアメントビレッジでは、高齢猫たちが自分らしく、幸せに老後を過ごすことができる。

 それと並行して施設側は、高齢猫たちの里親探しも行っている。猫にとっては愛してくれる家族のいる家があることが最善の選択だからだ。

 だがそれが難しい場合は、この施設が高齢猫たちの永遠の家となる。
この投稿をInstagramで見る

Shropshire Cat Rescue(@shropscatrescue)がシェアした投稿

 高齢の猫には、若い猫にはない魅力や個性がある。落ち着いていて愛情深く、長年の経験や知恵を持っていて、人間に多くの学ぶべきことを教えてくれる。

 人間社会では高齢化が進んでいるが、猫も同様の事情を抱えていてる。我々は、高齢猫に対しての理解と尊重と愛情を持ち、この施設のように、高齢の猫たちに何ができるかを探していくべきなのかもしれない。

written by parumo

 
   

ランキング(動画)

ジャンル