top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』、来年1月オープンのソニーミュージック六本木ミュージアムで開催

SPICE

今年9月に閉館した「スヌーピーミュージアム」跡地に、2019年1月11日(金)より、コンテンツのさらなる楽しみを提案するミュージアムとして「ソニーミュージック六本木ミュージアム」がオープンする。オープニングを飾る第1弾として、『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』が、2019年1月11日(金)〜5月12日(日)まで開催することが決定した。

乃木坂46は2012年のデビュー以来、活動を重ねる中で、22枚のシングルに含まれるリード曲とカップリング曲をはじめ数々の音楽作品をリリースしてきた。それらの活動を視覚的に彩っているのが、CDジャケット、ミュージックビデオ、衣装など膨大な数のアートワークだ。

乃木坂46はアーティスティックな佇まいを持つアイドルグループとして知られている。そのパブリックイメージは、メンバーの存在や楽曲だけでなく、ファンやさらにはクリエイター層からも支持されているアートワークによって形作られているといっても過言ではない。

本展は、そんな乃木坂46のアートワークの制作過程を徹底的にリサーチ。その結果発掘された9万点超のアートワークや資料を集結し、可能な限り展示する。名付けて『だいたいぜんぶ展』。膨大な「だいたいぜんぶ」を展示するにあたり、会場内に倉庫を新設した。来場者が倉庫内を歩きながら、初公開となる未使用のロゴやメンバーの無数の写真、映像の数々を巡る、独創的な体験型の展覧会となっている。

見どころ1:会場は膨大なアートワークが眠る「秘密の倉庫」


『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』会場イメージ (C)乃木坂46LLC



CDジャケットやミュージックビデオなど、アートワークを制作するための貴重なラフスケッチ、写真、美術、衣装などが格納された「秘密の倉庫」を巡る、夢のような体験を味わうことができる。倉庫内のラックに整理、収納された無数の段ボールや衣装ラックから、見たことのない乃木坂46の広がりをのぞき見するような実験的な展示方法となっている。

見どころ2:制作過程を通して知る「アイドルの視覚表現論」


『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』会場イメージ (C)乃木坂46LLC



CDジャケットの制作資料、ミュージックビデオなどの映像作品の美術、そして彼女たちのためにデザイン・制作された衣装を徹底的にリサーチし、未公開品も含め多数展示する。制作の裏側を伝える貴重な資料を展示順に見ていくと、「アイドルをどう見せていくべきか」という製作者サイドのビジョンが伝わってくる。こうした「アイドルの視覚表現論」に触れることは、乃木坂46のファンならずとも貴重な機会となっている。

見どころ3:少女の刹那を捉えた膨大な未公開写真

乃木坂46のCDジャケットを飾る写真は、常にコンセプチュアルな試みがなされている。水の中を泳ぐメンバーを幻想的に撮影したり、学校の日常の風景を美しく切り取ったり、ファッションフォトのように見せたり。本展では膨大な未公開のアザーカットを特別に展示する。デザインのプロセスに触れながら、見たことがない彼女たちの生き生きとした姿に出会うことができる。

見どころ4:あの映像作品の小道具も


「ぐるぐるカーテン」歌衣装 (C)乃木坂46LLC



乃木坂46の存在を広く印象づけるきっかけとなったのが、創意工夫を凝らして作られたミュージックビデオだ。ダンスシーンをスタイリッシュに見せたり、ときには映画のようなストーリー仕立てで構成したりと多彩な手法で制作されてきた。本展では、それらのビデオの絵コンテから台本、さらには多くの人の印象に残っている小道具なども展示する。

見どころ5:レアな衣装から歌衣装まで勢ぞろい


2015年紅白初出場時の歌唱用衣装 (C)乃木坂46LLC



乃木坂46の品あるパブリックイメージは、メンバー自身の佇まいや洗練された楽曲に、彼女たちが身にまとっている優美な衣装が相まって成立している。本展では、巨大なディスプレイラックを設置し、約250点の衣装を一挙に展示する。紅白初出場の衣装などレアな衣装について、数点を特製のトルソーで飾り期間を区切って展示替えする。

TOPICS

ランキング

ジャンル