top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

誰にも打ち明けていなかった…大沢たかおと広瀬香美「驚きのカップル」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

アサ芸プラス

 FAXが一般的に普及した90年代、当時は編集部に置かれた1台のFAXには、それこそ芸能プロや映画制作会社、テレビ局からひっきりなしに制作発表等の「お知らせ」が入ったのものだが、中には芸能人の突然の結婚や離婚報告が紛れ込んでいた。

 そんな中の一組が、99年3月23日に入籍し、3日後の26日にマスコミ各社に連名でFAXを送付して電撃結婚を報告した大沢たかおと、2歳年上のシンガー・広瀬香美だった。

 ただ、悲しいかな、筆者が所属する編集部をはじめ、芸能マスコミは、この2人が交際していたことさえ知らず、全くのノーマーク。しかも、SNSに名前を入れればパッとデータが出てくる時代ではない。まずは、モデル出身の人気俳優・大沢と、93年の「ロマンスの神様」の大ヒットで知られる「真冬のポップ・クイーン」広瀬という意外なカップルの、接点探しから取材がスタートした。

 すると、大沢が主演する95年公開の映画「ゲレンデがとけるほど恋したい」の主題歌を広瀬が担当していたことが判明。それをきっかけに交際が始まったことがわかり、映画関係者を片っ端から取材することになった。

 ところが、2人とも仕事仲間には一切打ち明けていなかったのか、取材した映画関係者は、

「いや~驚きました。全然知らかった。ただ、大沢さん、ロケ先にいつもアコギ持参で、ブルースなんかを歌っていたからね。もしかしたら、彼女の影響があったのかも。ただ、彼、極度の照れ屋だからね、言い出しにくかったのかなぁ」

広告の後にも続きます

 2人は米ロサンゼルスで、親族と身内だけで挙式。FAX送付から4日後の3月30日、単独会見に臨んだ大沢は、

「ファンから『うそつき』というメッセージがたくさん入りました。(発表の)順番が違うと言われて。こういう会見は初めてなんで、緊張して声が上ずってます。とにかく、とっても幸せなんですよ」

 と、照れることしきり。

「僕は基本的に暗い人間。彼女は皆さんご存じのように、明るくて正反対のタイプ。そういうところに惹かれた」

 前年秋には結婚を意識したそうだが、

「プロポーズは、ドラマのようにはいかないんですねぇ。ダイヤの指輪を贈ったのは、僕の車の中。指輪は僕が選びました。彼女は『ありがとうございました』と言ってくれました」

 さらにそう話すと、汗をぬぐったのである。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル