top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ACIDMAN大木×THE BACK HORN山田×弦楽四重奏 『ROCKIN’ QUARTET』が実現した特別な一夜

SPICE

ROCKIN’ QUARTET SPECIAL  2018.11.27  Billboard Live TOKYO 

11月27日、Billboard Live TOKYOにて『ROCKIN’ QUARTET SPECIAL』が行われた。『ROCKIN’ QUARTET』とは、ヴァイオリニスト・NAOTO率いる弦楽四重奏がロックバンドの楽曲を再構築し、そのフロントマンとともに行うライブシリーズで、これまで第1弾をACIDMANの大木伸夫、第2弾をTHE BACK HORNの山田将司とともに開催。この日はその双方のボーカリストが集うという、文字通りスペシャルな一夜となった。


NAOTO QUARTET 撮影=高田梓



オープニングSEの『エリナ・リグビー』が鳴り渡る中、まずNAOTO QUARTETの面々が登場してNAOTOのオリジナル楽曲「TWIN DRAGON」の四重奏バージョンを演奏。弦楽、というとクラシック音楽を連想してしまいがちだが、ビート感が強調されヘヴィなリフがリフレインするこの曲を一聴すれば分かる通り、NAOTOの音楽性はそこにとどまるものではない。さらにこの『ROCKIN’ QUARTET』に関して言えば、ロック音楽に華やかさをプラスするためのストリングス、といった役割とはまったく異なる役割を担っており、鳴らす音は紛うことなくロックそのものだ。「TWIN DRAGON」が激しくフィニッシュするとすかさず4カウントが入り、流れ出したイントロは「コバルトブルー」。ここで山田将司が登場する。


THE BACK HORN・山田将司 撮影=高田梓




THE BACK HORN・山田将司 撮影=高田梓



  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル