top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

東京スカパラダイスオーケストラ 宮本浩次をゲストボーカルに迎えた渾身の1曲、その舞台裏を大いに語る

SPICE

眼光鋭くこちらを見つめる10人の集合写真を見るだけで、音楽にすべてを賭ける男たちの生きざまが濃厚に匂い立つ。東京スカパラダイスオーケストラが、ゲストボーカルにエレファントカシマシの宮本浩次を迎えた最新シングル「明日以外すべて燃やせ feat.宮本浩次」。来年2019年にデビュー30周年を迎える東京スカパラダイスオーケストラと今年2018年にデビュー30周年を迎えたエレファントカシマシ。お互い長いバンド歴を競いながら、なぜか接点が少なかった両者がついに相まみえた歴史的1曲は、これまでのスカパラのゲストボーカル・シリーズの中でも屈指の熱さを誇る強烈なメッセージソングだ。明日以外すべて燃やせ。燃やしたあとにオマエだけ残る。渾身の1曲の舞台裏について、谷中敦、加藤隆志、茂木欣一が語ってくれる。


東京スカパラダイスオーケストラ「明日以外すべて燃やせ feat.宮本浩次」アーティスト写真



――歴代ゲストボーカル、たくさんいましたけれども、今回のアーティスト写真の迫力はナンバーワンじゃないですか。この似合い方ハンパないです。

谷中:セルジオ・レオーネ・フィルム入ってますね。

――そうそう(笑)。マフィア映画か西部劇か。

広告の後にも続きます

加藤:9人を相手にしても、飛び出し方がすごい。それだけのボーカリストを迎えられたということは、今までの活動のご褒美というか、今までの活動がなければ宮本さんも「歌うよ」とは言ってくれないでしょうから。

――そもそも、どんなきっかけで実現した組み合わせですか。

谷中:ずいぶん前に、加藤が“宮本さんと一緒にいつかやってみたい”と言っていたんですけど、その頃は立ち位置が違うように感じていたんですよ。それぞれ違うしそれぞれいい、という感じ。だから正直言って、スカパラに入って歌ってもらう感覚が自分の中にあんまりなくて、でも加藤がそう言っていたのはよく覚えていて。事あるごとに聴いていたし、斉藤和義くんと宮本くんが一緒に歌っている映像を見たり、松田聖子さんの「赤いスイートピー」を歌っているのを見て、“これは完全にスカパラでやっていいことだな”と思ったりしていて。

――NHKの『The Covers』ですね。あれは素晴らしかった。

谷中:特に「赤いスイートピー」はポップスだけどジャズっぽい曲だから、スカパラの世界観に近いものがあると思って、“これは有りかもしれない”と具体的に思ったりしましたね。最初の接点は、ある年の『COUNTDOWN JAPAN』でスタッフにお願いして、知り合いの蕎麦屋さんに来てもらって、年越しそばのブースを特別に作ってもらったんですけど、その時エレカシの楽屋に全員分の年越しそばを俺が持って行ったんですよ。その時が本当に初対面という感じかな。“同い年なんだって? 年越しそば食べてよ”“ありがとうございます”という会話があって。

――谷中さんが年越しそばを運んだんですか? 偉いなあ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル