top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

下咽頭ガンの勝新太郎が「息もできない末期症状」でタバコに火をつけた/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

アサ芸プラス

 昭和、平成の時代には、記者会見を単なる発表の場としてだけでなく、自らが脚本・演出・主演するエンターテインメントの舞台として利用する名優も少なくなかった。その代表といえるのが、97年6月21日に65歳の若さで亡くなった、勝新太郎だったのではないだろうか。

 勝がノドの痛みを訴え、千葉県柏市の国立がんセンターに入院したのは、96年8月だった。検査の結果、下咽頭ガンと診断され、抗ガン剤投与と放射線治療を受けたのち、「最後の舞台」となる記者会見を開いたのが、同年11月22日だ。

 黒いスーツとワイシャツに赤いネクタイ姿。治療で体重が8キロ減り、ずいぶんスリムになった姿で会見場に現れた勝は言った。

「ガンと告知された時も、俺はびくともしなかった。座頭市の時も(薬物所持で逮捕された)ハワイの時もそうだけど、俺は絶壁にいるのが好きなんだ」

 のっけから勝新節が炸裂である。とはいえ、抗ガン剤伴用の放射線治療が継続していることから、ノドの痛みや渇き、味覚障害があり、

広告の後にも続きます

「飯を食べても、泥水か砂利みたい。すき焼きでも、かつ丼でも、ちょこっとしか食べられないから、栄養は点滴で保っている」

 と顔をしかめるのだ。だが、そこは天下の名優、勝新太郎。検査のため、全身にガス麻酔をかけられた際のことを振り返ると、自虐ネタを披露して笑いを誘う。

「ガス麻酔は法律違反の薬物以上。モルヒネもあるっていうから(医者に)打ってくれ、って。これはやったことがないからな」

 そしてこともあろうに、会見の途中で「酒もタバコもやる気がしないからやめた」と言いながら、タバコに火をつけ、ひと口吸って「タバコはうまいねぇ~」と、お得意のパフォーマンスだ。結局、15分の予定だった会見は、延びに延びて50分に。

 ただ、のちに取材した関係者の証言によれば、この時点で勝の体調は限界に近く、とても記者会見など開けるような状態ではなかったという。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル