top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

スピルバーグ、「E.T.20周年記念版」で下した決断に後悔

ナリナリドットコム

スティーブン・スピルバーグは、「E.T.」から銃が登場するシーンを削除したことを後悔しているという。

1982年の同大ヒット映画には、子どもたちが銃を持った連邦捜査官らに追跡される有名シーンがあるが、スピルバーグは「E.T.20周年アニバーサリー特別版」では、銃をトランシーバーに変えるという決断を下したことを悔やんでいるそうだ。  

4月25日にニューヨークで開催されたイベント「タイム100サミット」に登場した同監督は、こう話している。

「あれは間違いでした。ああするべきではなかった。『E.T.』は、その時代の産物です。どの映画も、現在の私たちのレンズを通して見直すべきではありません。自発的にも、強制的にも」
「『E.T.』では、連邦捜査官たちが銃を見えるように持って子どもたちに近づくという事実が気にかかっていましたから、銃をトランシーバーに変えようと思ったのです。何年もして、私は自分の見解を変えたんです」

そして同監督は、自らの作品に「手を加えた」ことに苛立ちを感じているとして、「自分自身のアーカイブに手を加えるべきではなかったんです。誰にもお勧めしません。私たちの全ての映画は、その映画を作った時、私たちがどのような地点にいて、世界がどのようで、そして私たちがこれらのストーリーを届けた時に世界が何を受け取っていたかという道標のようなものですから」「だから私は、あれを出したのを後悔しています」と続けた。
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル