top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

紅白単独初司会「櫻井翔」痛感したのは中居正広の心強さ

SmartFLASH

 

11月26日、「第69回NHK紅白歌合戦」の司会者会見がおこなわれ、総合司会の内村光良、紅組の広瀬すずとともに、白組司会の櫻井翔が登壇した。

 

所属するアイドルグループ「嵐」で歌手としても出場する櫻井。グループとしては、2010年から2014年まで5年連続で司会を務めたが、単独では今回が初めての司会出演になる。紅白の思い出について櫻井が語った。

 

広告の後にも続きます

 

「紅白に初めて出させていただいたのは、2009年。僕ら(デビュー)10周年のタイミングだったんですね。もうそのときに本当に、街行く人にたくさん『おめでとう』を言っていただいて、『ああ、紅白に出るっていうのは本当にすごいことなんだな』と思いました。

 

その大きな舞台に、こうして司会として立たせてもらうことになるとは、そのときは夢にも思ってなかったので、この大役をしっかり務め上げていきたいと思っています。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル