top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

あの城田優がライザップに通っていた!? 「ボディメイクグランプリ2018」開催

SPICE


2018年11月23日(金・祝)、千葉・舞浜アンフィシアターにて、パーソナルジム「ライザップ」主催のイベント「ボディメイクグランプリ2018」が開催、身体をどのように作り上げたいかという目標別に肉体改造をし、地方大会を勝ちあがってきたファイナリストたちによる熱い戦いが繰り広げられた。


今年で4回目の開催となる本イベント。会場に入るとロビーには写真家レスリー・キーが撮影したライザップ利用者のビフォー&アフターがパネル展示されているブースが。そこにはCMにも登場した芸能人のものもあり、大会の合間に観客が興味深く眺めていた。


レスリー・キー


佐藤仁美



広告の後にも続きます

大会ではレスリー・キー本人が審査員として名を連ね、さらに特別審査員として、ライザップでボディメイクしたCMが話題となった佐藤仁美、現在ボディメイク中のダレノガレ明美、この日初めてライザップを利用していた事を明らかにした城田優が登場。詰めかけた観客からは大きな歓声が沸き起こっていた。


佐藤仁美



佐藤といえば豪快な飲みっぷりで有名。とはいえ、ボディメイク中は酒量も控えていたことに触れ「少しお酒が弱くなりました(笑)」とはにかむ姿を見せていた。

佐藤と入れ替わりで大会後半から登場した城田とダレノガレは、審査が一区切りついた後、スペシャルトークに出席、城田は開口一番「ライザップに通っていることを恥ずかしく思っていたんです。というのもライザップってビフォー&アフターを強調しているでしょ?『身体がたるんでいるのか』と思われてしまうのが嫌だったんですよ」と恥ずかしさの理由を語った。途中休んだこともありつつ、1年半ほど利用を続けている城田は「身体を大きくみせたい、あるいは弱そうに見せたいなど、演じる役によって身体を変える必要がよくあるので、トレーナーに相談して、自分の身体の特徴に合わせたボディメイクをしています」と述べ、今の目標は「身体をキープする事」とコメントした。


城田優


ダレノガレ明美



  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル