top_line

【クイズ】12月8日は「御事納め」。
縫い針を豆腐やこんにゃくに刺す行事を何と呼ぶでしょう?

新日本プロレスVS全日本プロレス<仁義なき50年闘争史>「馬場&大塚が仕掛けた2代目虎戦士のデビュー」

アサ芸プラス

 1984年6月22日、元新日本プロレス営業部長の大塚直樹率いる新日本プロレス興行(以下、新日本興行)と業務提携したことにより、新日本の営業力を手に入れた全日本プロレス。ジャイアント馬場はもうひとつ、どうしても欲しいものがあった。それはタイガーマスクだ。

「新日本でのタイガーマスクvsスティーブ・ライトの試合をテレビで観たけど、あれはいい試合だったなあ。うちのジュニアでも、ああいう試合ができる選手がいるといいなあ」と語るなど、馬場は以前からタイガーマスクに興味を持っていた。

 もし新日本でクーデター事件が起こらなければ、83年8月18日にロサンゼルスのガラスの教会で予定されていた、タイガーマスクの極秘結婚式にも出席することになっていた。

 新日本が平穏だったら、当時の両団体の蜜月関係からすると、タイガーマスクが全日本のリングに登場してもおかしくはなかった。

 84年2月下旬、馬場は新間寿のUWFに協力する裏で、新間と敵対関係にあった佐山のマネージャーの曽川庄司とも接点を持った。

広告の後にも続きます

 曽川は、新間との決裂で初代タイガーマスクの佐山聡のUWFでのカムバックが消滅した段階で、日本テレビ関係者の仲介によって馬場に接近。キャピトル東急ホテル(現ザ・キャピトルホテル東急)で佐山の復帰問題に関して馬場、全日本の松根光雄社長、曽川の3者会談が実現したのだ。

 馬場は多額の契約金を提示されたことと、佐山が新日本を辞めた経緯を把握していなかったため、即答を避けたものの、5月下旬にはザ・タイガーのビデオを入手して研究していたし、佐山の参戦を想定して、夏を目途に「ジュニア・ヘビー級カーニバル」も計画していた。

 だが、いい返事を得られなかった曽川は「全日本に脈なし」と判断。UWFの反・新間グループの誘いを受ける形でUWFでの復帰を選択。佐山はザ・タイガーとしてUWFが7月23&24日に後楽園ホールで行う「無限大記念日」に登場することになったのである。

 それでも馬場の「佐山タイガーを全日本のリングに上げたい」という気持ちは変わらず、業務提携したばかりの新日本興行の大塚に「業務提携第1弾となる8月26日の田園コロシアムにザ・タイガーを上げたいのだが‥‥」と相談。

 そこで大塚が提案したのは2代目タイガーマスクを自分たちで作ることだ。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル