top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

和田アキ子を飲み込んだ「オダギリジョーと香椎由宇」急転直下の報告/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

アサ芸プラス

 昨今ではすっかりお馴染みになった、年末の「駆け込み婚」だが、まだ珍しかった2000年代前半、しかも当日午後2時にマスコミ各社へファックスで結婚を報告。午後7時から都内のホテルで入籍発表する、という慌ただしいスケジュールで行われたのが、07年12月27日のオダギリジョーと香椎由宇の会見だった。

 会見場となったウェスティンホテル「STAR ROOM」には早くから報道陣が詰めかけ、その数ざっと150人。登場したオダギリは役作りなのか、伸ばし放題の髪に、髭もボーボー。香椎はシックなシルバーのブラウス姿で、まさに美女と野獣である。

 2人の出会いは05年の映画「パビリオン山椒魚」(冨永昌敬監督)。オダギリいわく、香椎が自分と同じ誕生日(2月16日)だったことで運命的な出会いを感じたという。

「これまで金正日(当時の北朝鮮総書記)しか知らなかったので、びっくりして。付き合った時から結婚を意識していた」

 2人の交際は一部女性誌に報じられたものの、その後は特に進展もなかったことから、芸能マスコミはどこもノーマークだった。

広告の後にも続きます

 決婚を決断した理由について、オダギリは、

「来年から海外での仕事が多くなり、日本にいることが少なくなるので、彼女も心配だろうし、安心させたかった。会見をするには今日か明日しかなく、急な会見になりました」

 すでに香椎の両親には挨拶を済ませており、

「海外に行く前に、ご両親に自己紹介を済ませておきたいと思い、彼女にそう伝えました。それが僕としてのプロポーズでした」

 とはいえ、前年11月には「FRIDAY」に香椎と小栗旬とのデートが報じられたばかり。これに対し香椎は、

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル