top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

<舞いあがれ!>吉谷彩子“由良先輩”や目黒蓮“柏木”も…全員集合の最終週 “五島の釣り客”再登場にもあった深い意味

WEBザテレビジョン

福原遥がヒロインを務めた連続テレビ小説「舞いあがれ!」(NHK総合ほか)が3月31日に最終回を迎え、全126回の長い物語が完結した。最終回だけで、舞(福原)の人生に関わった50人以上の役名ありキャストが大集合し、「人生に無駄なことは何もない」、そんなメッセージを感じた最終回。第2週で登場した“五島の釣り客”二人の再登場にも深い意味が込められていたことを、脚本家の桑原亮子さんが語った。

■由良先輩も!懐かしい顔ぶれが続々登場

1990年代から現代を舞台に、舞がものづくりの町・東大阪と自然豊かな長崎・五島列島でさまざまな人との絆を育みながら、向かい風に負けず夢を追う姿を描いてきた「舞いあがれ!」。

最終週「私たちの翼」では、舞の立ち上げた会社「こんねくと」と大学時代の人力飛行機サークル「なにわバードマン」の先輩・刈谷(高杉真宙)らの会社「アビキル」が取り組む“空飛ぶクルマ”の開発が成功し、五島列島での有人飛行が実現する展開が描かれた。

その有人飛行当日を描いた最終回には、現地で見守る貴司(赤楚衛二)や娘の歩(浅田芭路)、めぐみ(永作博美)や五島の人々の他、「アビキル」の作業場でモニターを通して見守る荒金(鶴見辰吾)ら開発チームの面々に、IWAKURAの結城(葵揚)や笠巻(古舘寛治)の姿。

そして、カフェ「ノーサイド」では舞の兄・悠人(横山裕)、久留美(山下美月)ら東大阪の面々をはじめ、舞のフライトを見届けるために由良(吉谷彩子)ら「なにわバードマン」の仲間や、倫子(山崎紘菜)や水島(佐野弘樹)ら航空学校時代の同期メンバーも勢ぞろい。舞の元恋人・柏木(目黒蓮)の姿もあった。

■IWAKURAのネジも空を飛んだ!

これまでの人生で関わってきた人々に見守られ、IWAKURA製のネジをはじめ東大阪の技術を集結した「空飛ぶクルマ」で空を飛んだ舞。そのフライトシーンでは、なにわバードマン時代や航空学校時代の回想シーンも登場。26週にわたって描かれてきたすべての場面がこの日に集約していく――そんな感慨を視聴者にもたらし、Twitterでは「#舞いあがれ」がトレンド1位となった。

最終回1話前の第125回では、祥子(高畑淳子)の船「めぐみ丸」を受け継いだ若葉役で五島出身の川口春奈もサプライズで再登場。若葉が「お待たせいたしました!」と声を掛けたのは、第2週でも登場した釣り客の小田(江頭つとむ)と小此木(鶴賀皇史朗)だ。第2週では、祥子が二人を磯へ運んだものの、迎え時間をうっかり忘れてしまって怒らせる、というささやかな事件が描かれた。

あの時は「せっかくの楽しい気分が台無しだ!」と激怒していた彼らも、すっかり五島になじんでいる様子。みじょカフェでさくら(長濱ねる)や“むっちゃん”こと修(前原瑞樹)と楽しく談笑し、祥子の話題が出ると「お! ばんば元気か?」とうれしそうな声を上げた。

■「ばんばは五島の土地が生んでくれた人物」

最終回が放送された31日の夕方には、NHK公式YouTubeチャンネルで「舞いあがれ!感謝祭」が開催され、ヒロインを演じた福原をはじめ夫・貴司役の赤楚、父・浩太役の高橋克典とともに、脚本家の桑原さんも登場。この釣り客の再登場に込めた意味を口にした。

脚本を書き始める前に五島列島を訪れたという桑原さん。「感謝祭」では、司会の高瀬耕造アナウンサーから五島の印象を聞かれ「皆さんとても温かくて優しく、柔らかい感じで話し掛けてくださって。こういう土地で育ったらどういう人になるんだろうと考えて、祥子ばんばの人物像がだんだん出来上がってきました。ばんばは五島の土地が生んでくれた人物なんだなという気がしています」と打ち明けた。

さらに、五島について「小さなアクシデントがあっても『好き』という気持ちが揺らがない場所なんですね。それが最後、ラストに釣り客の方が出てこられます。一番最初に嫌な目に遭って、それでも五島に通って、やがては常連になっていくという…。そういう、すてきな土地だったなと思います」と語った。

舞の幼少期の島ぐらしから始まって、折に触れて舞を勇気づけた祥子ばんばの言葉があり、最終回ではラストシーンの舞台ともなった。終わってみれば、五島の存在感は作品全体に色濃く立ちのぼる。“釣り人再登場”のシーンは、その原点となる桑原さんの思いが込められた、さりげないけれど重要なシーンだったようだ。

「舞いあがれ!感謝祭(ファンミーティング)」は、NHK公式YouTubeチャンネルで見逃し配信中。4月3日(月)からは新たに連続テレビ小説「らんまん!」が放送される。

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル