top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

レスリー・チャン主演!カンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞したチェン・カイコー監督作『さらば、わが愛/覇王別姫』が4K版として蘇るー

cinefil

香港を代表する大スターのレスリー・チャン主演、中国を代表する女優コン・リーと俳優チャン・フォンイーの共演で、激動の時代に生きた2人の京劇俳優の愛憎を中心に描き、1993年カンヌ国際映画祭にてパルム・ドールを受賞したチェン・カイコー監督作『さらば、わが愛/覇王別姫』が4K版でスクリーンに鮮やかによみがえる!

この度、レスリー・チャン(張國榮)没後20周年、さらに映画公開30年周年特別企画として、『さらば、わが愛/覇王別姫4K』が7/28(金)角川シネマ有楽町、109シネマズプレミアム新宿、グランドシネマサンシャイン池袋ほかにて、全国順次上映(=日本初上映)することが決定しました。

京劇の俳優養成所で兄弟のように互いを支え合い、厳しい稽古に耐えてきた2人の少年。成長した彼らは、程蝶衣(レスリー・チャン)と段小樓(チャン・フォンイー)として京劇の古典「覇王別姫」を演じるなど一躍スターに。女形の程蝶衣は覇王を演じる段小樓を秘かに愛していたが、娼婦の菊仙(コン・リー)と結婚してしまう・・・。

中国映画界第5世代の名匠チェン・カイコー監督が、京劇の古典「覇王別姫」を演じる2人の京劇俳優の愛憎を、1925年から文化大革命時代を経て50年に渡る中国の動乱の歴史を背景に、圧倒的なスケールと映像美で描く一大叙事詩。

1993年カンヌ国際映画祭にて最高賞のパルム・ドール受賞をはじめ、同年ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞受賞、NY批評家協会賞外国映画賞・助演女優賞(コン・リー)受賞、LA批評家協会賞外国映画賞受賞、米アカデミー賞外国語映画賞ノミネートなど世界中の映画祭で高く評価され、日本でも大きな話題に。特に女形の程蝶衣役を狂おしいほどの妖艶さで演じたレスリー・チャンに魅了される観客が続出、当時大ヒットを記録した。

広告の後にも続きます

映画公開から30周年となる今年、そして本日2023年4月1日は、2003年4月1日にわずか46歳の若さでこの世を去ったレスリー・チャン没後20年の節目の日である。本作は今なお世界中の人々に愛される彼の魅力を再認識する絶好の機会となるだろう。激動の時代に翻弄される人々の愛憎が胸に迫る不朽の名作が圧倒的な映像美でよみがえり、この夏必見、見逃せない作品の1本になるに違いない。

©1993 Tomson(Hong Kong)Films Co.,Ltd.

監督:チェン・カイコー(陳凱歌)
キャスト:レスリー・チャン(張國榮)、チャン・フォンイー(張豊毅)、コン・リー(鞏俐)

配給:KADOKAWA

■公式Twitter https://twitter.com/hbk4k

7/28(金)角川シネマ有楽町、109シネマズプレミアム新宿、グランドシネマサンシャイン池袋ほか全国順次上映!

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル