top_line

癒されたいあなたへ。どうぶつニュースはこちら

SHANK『EIGHT BALL FESTIVAL 2023』ライブレポートーー「本当に尖ったブッキングをする素敵なイベントだなと」岡山の地で見せたライブバンドの存在意義

SPICE

SHANK 撮影=日吉“JP”純平


EIGHT BALL FESTIVAL 2023 2023.4.1(SAT)コンベックス岡山

岡山のコンベックス岡山にて、『EIGHT BALL FESTIVAL 2023』4月1日(土)公演が開催されている。

今年が初回となる『EIGHT BALL FESTIVAL 2023』は、コンベックス岡山の展示場を使用した屋内型フェスで、4月1日(土)・2日(日)の2日間にわたりSOLID STAGE、STRIPED STAGEと名付けられた2ステージ制で行われ、全23組のアーティストがラインナップ。

初日の4月1日(土)は、SOLID STAGEにSHANK、緑黄色社会、04 Limited Sazabys、マカロニえんぴつ、Vaundy、SUPER BEAVER、STRIPED STAGEにbokula.、ヤユヨ、ego apartment、TENDRE、G-FREAK FACTORYが出演。文句なしの晴天の下に多くのオーディエンスが集まった、岡山の音楽シーンの未来を担う春フェスの幕開けをレポート!

広告の後にも続きます

『EIGHT BALL FESTIVAL 2023』SHANK

SHANK


岡山に待望の新フェス誕生となる歴史的一日のトップバッターという大役にも関わらず、はち切れんばかりの期待感で爆発寸前のSOLID STAGEに、いつものようにふらりと現れたThis is ライブバンド、SHANK。冒頭から「Surface」、「Departure」、「620」と、巨大な空間に強烈なナンバーを立て続けに浴びせかけていく。

「先ほど楽屋に主催の方がいらっしゃいまして、「初年度の初日一発目のライブ、これでイベントの色が決まるんで」と言われたんですけど、なぜハルカミライにしなかったんでしょう(笑)? 本当に尖ったブッキングをする素敵なイベントだなと思います。僕らも久しぶりのライブなので楽しんで帰ります!」(庵原将平、Vo.Ba)

SHANK


そのMCに、今なぜSHANKが岡山の地で音魂を鳴らしているかが集約されていた。そんな最高のあいさつと共に、再び観客の心の炎にガソリンを注ぐように「Set the fire」をブチ込み、「Life is…」では池本雄季(Dr.Cho)の繰り出すタイトなビートに跳ね回る! その後も、フィードバックノイズにまみれた渾身の「Hope」、ソリッドなカッティングが導く「Good Night Darling」と、照明とも見事にシンクロした見せ場の連続だ。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(音楽)

ジャンル