top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

ウインブルドンがロシア選手らの出場を容認!ATPとWTAも支持「全ての選手が出場できてうれしく思う」<SMASH>

THE DIGEST

 現地3月31日、テニスの四大大会「ウインブルドン」(イギリス・ロンドン/芝コート)は、今年7月に開催する同大会で、昨年出場を認めなかったロシアおよびベラルーシ選手の出場を認めると声明を発表した。

 昨年2月に始まったロシアのウクライナ侵攻により、同年7月のウインブルドンでは、ロシアとベラルーシ選手の締め出しを決行。また昨夏には、英国内で芝コートのツアー大会を運営するイギリス・ローンテニス協会(以下LTA)も計5つのトーナメント(うち3つは下部大会)で両国選手の出場を禁止していた。

 ウインブルドンの公式サイトでは、同大会を主催するオールイングランド・クラブのイアン・ヒューイット会長は、今回の決定について次のようにコメントしている。

「私たちは、ロシアの違法な侵略を厳しくに非難し、ウクライナの人々を全面的に支持しています。これ(ロシアおよびベラルーシ選手の受け入れ)はとても難しい決断であり、また影響を受ける人々への多大な配慮なしに行なわれたものではありません。大会開催までの間に状況が大きく変化した場合は、それに応じて措置を講じていきます」
  また、この決定についてATP(男子プロテニス協会)とWTA(女子プロテニス協会)は、「全ての選手がこの夏、ウインブルドンやLTAの大会に出場する機会を得られることをうれしく思っています。競技の公正さを守る実行可能な解決に至るまでに、スポーツ全体の協力が必要でした」とロシアおよびベラルーシ選手の出場を支持する意向を示した。

 そして「私たちは、ウインブルドンとLTAの努力に感謝するとともに、ロシアのウクライナに対する戦争を明確に非難することを改めて表明します」と締めくくった。

構成●スマッシュ編集部

【PHOTO】ウインブルドン2022で活躍した男子選手たちの厳選写真を公開!
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル