top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

【大阪vs川崎】大阪は後半に踏ん張れるか…鈴木達也と藤井祐眞のディフェンス対決に注目

バスケットボールキング

■大阪エヴェッサvs川崎ブレイブサンダース(@おおきにアリーナ舞洲)
GAME1:4月1日17時5分、GAME2:4月2日15時5分

 大阪エヴェッサはバイウィーク明け2勝5敗とブレーキがかかる。前節のシーホース三河戦はGAME1こそ11本の3ポイントシュートを決め、リバウンド争いで圧倒するなど86-66で快勝したが、GAME2は62-72の逆転負け。7点リードで前半を折り返したものの、第3クォーターにターンオーバーが目立ち、ディージェイ・ニュービルも厳しいマークに遭うなど、9-24の逆襲を受けてしまった。

 一方、川崎ブレイブサンダースは前節、茨城ロボッツに2連勝を飾り、ホーム5連戦を無敗で締めくくった。GAME1はニック・ファジーカスの23得点を筆頭に4人が2ケタ得点を挙げて92-85で勝利し、GAME2は81-75で勝ちきった。15個のターンオーバーを喫して後半に一時苦戦したが、前田悟や鎌田裕也といったベンチメンバーの働きで盛り返した。

 そんな両チームの対戦は今シーズン初めて。大阪は通算2勝10敗と負け越しているが、昨シーズンは1勝1敗と五分だ。西地区6位からの浮上に向けてアウェーで再び勝ち星をつかみたい。直近5敗のうち4試合が後半に崩れており、ラスト20分が踏ん張りどころ。ハードなディフェンスの応酬が期待される、鈴木達也と藤井祐眞による拓殖大学の先輩後輩マッチアップも注目だ。

 対する川崎は前節、ターンオーバーやセカンドチャンスポイントの失点が目立っただけに、修正が必要になる。大阪の3ポイントシュート成功率はリーグ5位で、ショーン・オマラやアイラ・ブラウンのリバウンドも強いだけに、攻撃を勢いづかせたくない。ニュービルとのマッチアップが予想されるマット・ジャニング、長谷川技のディフェンスも6連勝に向けたカギを握りそうだ。

広告の後にも続きます

文=大橋裕之

■ロスター
・大阪(HC:マティアス・フィッシャー)
エリエット・ドンリー
井手拓実
星野零志
橋本拓哉
竹内譲次
合田怜
飯尾文哉 ※特別指定
カイル・ハント
ディージェイ・ニュービル
木下誠
アイラ・ブラウン
鈴木達也
ショーン・オマラ

・川崎(HC:佐藤賢次)
藤井祐眞
マイケル・ヤングジュニア
篠山竜青
増田啓介
前田悟
鎌田裕也
納見悠仁
ニック・ファジーカス
マット・ジャニング
熊谷尚也
長谷川技
ジョーダン・ヒース

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル