top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

ROTTENGRAFFTY、ゲストにハルカミライを迎え、歓声溢れるフロアに熱狂の余韻を残しツアーファイナルを完走!

DI:GA ONLINE

ROTTENGRAFFTY ”Hello Zepp Tour 2023”
2023年3月22日(水) Zepp DiverCity(TOKYO)

全国5都市のZeppを回るROTTENGRAFFTYのライブツアー『Hello Zepp Tour 2023』、その最終公演が3月22日(水)にZepp DiverCity(TOKYO)で開催された。

ここまでThe BONEZ、UVERworld、HEY-SMITH、coldrainをゲストに迎え、各地で熱い対バンを繰り広げてきたROTTENGRAFFTYが、ファイナルの相手に指名したのはハルカミライ。1階スタンディングエリアも2階席も含め、場内はびっしりと埋まった状態で、開演前からすでにワクワク感があふれている。

そんな中、楽しみすぎて本番が待ち切れない様子で、定刻を数分巻いてハルカミライの4人が早くもステージへ登場。そのまま衝動的にライブをスタートさせ、「君にしか」「カントリーロード」「ファイト!!」とのっけから代表曲を惜しみなく披露し、フルスロットルの歌とコーラス、パンキッシュなサウンドで猛然と飛ばすのが実に彼ららしい。

ハルカミライ

「先輩に対するいちばんの礼儀は、ライブのハードルを上げまくることです!」と言い放つ橋本 学(Vo)の気風のよさに、熱い歓声で応えるオーディエンス。関 大地(Gt&Cho)がアンプの上に立ってギターソロを弾いたり、小松 謙太(Dr&Cho)がドラムセットの前に出てきたりと、ローディーのサポートが大変に思えるほど、楽器隊も縦横無尽に舞台を駆け回る。

広告の後にも続きます

過去に共演があるとはいえ、近年は2度のアクシデントによってROTTENGRAFFTYとの対バンが叶っていなかった。それだけに、ハルカミライがこの日に懸けるリベンジの想いは半端じゃない。「春のテーマ」では、橋本が「隣のやつと適当に肩組んどけ!」と焚きつけ、“僕ら世界の真ん中”と歌い合う輪がフロアに爆誕。親密でいて目の覚めるような演奏でロットンのファンをも惹き込み、瞬く間に一切の境界線をなくしてしまうのが痛快だ。

ハルカミライ ハルカミライ(橋本 学(Vo))

WBCの話からペッパーミルパフォーマンスをして侍ジャパンを讃えつつも、「年中ライブをやって頭おかしいくらいに盛り上がる点だとバンドのほうがすごい」と主張するなど、橋本はMCでも人懐っこい感じが止まらず、ノンストップでずっと歌っているかのよう。「俺んちの犬の曲、やっていい?」と須藤 俊(Ba&Cho)が突如切り出し、セットリストにない「Tough to be a Hugh」が始まったりと、まるでワンマンみたいな雰囲気が続く。

022年9月にロットンのツアーをキャンセルしてしまった際、ハルカミライの盟友であるINKYMAPを呼んでくれた粋な心遣いにも改めて感謝を伝えた橋本。その後は「みんなも友達を大事にしような!」と届けた「世界を終わらせて」、オーディエンスが揺れながらエモく浸っていた「僕らは街を光らせた」など、どっしりと聴かせるナンバーで圧倒し、大きなグルーヴとともに“新しい今日に出会えた”と歌う「ヨーロービル、朝」で念願のステージを締め括った。

そして、いよいよ“古都のドブネズミ”ことROTTENGRAFFTYが「610行進曲」をSEに出陣。彼らもハルカミライに負けじと、オープニングの「SPECTACLE」からフロアを狂喜乱舞の渦に巻き込んでみせる。

ROTTENGRAFFTY(NOBUYA(Vo)) ROTTENGRAFFTY(N∀OKI(Vo))

NOBUYA(Vo)とN∀OKI(Vo)の屈強なツインボーカル、荒々しい音像を見事に支える侑威地(Ba)とHIROSHI(Dr)のリズム隊が盤石なのはもちろんのこと、体調不良のためにライブ活動を離れてサウンドプロデューサーへとシフトしたKAZUOMI(Gt&Pro)に代わり、2022年の6月10日“ロットンの日”からサポートを務めるMASAHIKO(Gt/FREEDOM BEATS ORCHESTRA)もバンドにしっかりと馴染んでいて、ヘヴィなリフの一方でポップなメロディも鮮やかに引き立つ、これぞROTTENGRAFFTYと言えるミクスチャーロックがものすごいスピードで場を掌握していく。

間髪入れずに「東京、覚悟しやがれ」とMVの冒頭を彷彿とさせる女性アナウンス(!)が流れて始まったのは、結成20周年のタイミングで生まれたキラーチューン「ハレルヤ」。デスボイスなどメタルテイストも加えてバンドのギアをもうひとつ上げ、「会いたかったぜ! 休ませねえぞ!!」というN∀OKIのアジテートによって、Zepp DiverCity(TOKYO)を大いに揺らす。

  • 1
  • 2