top_line

大谷翔平選手、ドジャースへ移籍決定!
各メディアのニュースをまとめ読みしよう

ソニーがフルサイズセンサー搭載のレンズ交換式Vlogカメラ『VLOGCAM ZV-E1』を発表

Real Sound

クリエーターの創造性に応える フルサイズセンサー搭載のレンズ交換式Vlogカメラ『VLOGCAM ZV-E1』発売

 ソニーは、Vlog(ブイログ)など動画撮影に特化した「VLOGCAM」シリーズの最上位機種として、フルサイズイメージセンサー搭載のレンズ交換式Vlogカメラ『VLOGCAM ZV-E1』を4月21日より発売。世界最小・最軽量ボディ(幅約121.0mm×高さ約71.9mm×奥行約54.3mm、重さ約483g)による取り回しの良さ、フルサイズセンサーならではの美しいぼけ表現や豊かな階調性能、高感度、低ノイズ性能でクリエイターの高い創造性に応えてくれるカメラとなる。

フルサイズならではの美しいぼけと高い描写性能を誇る映像表現

 最新の画像処理エンジンBIONZ XR(ビオンズ エックスアール)を搭載することで、美しいぼけ表現と高い描写性能を実現。また、常用ISO感度は低感度側80~102400(静止画、動画共通。静止画拡張時40~409600、動画拡張時80~409600)で暗い場所でもノイズを抑えた撮影が可能となっている。静止画・動画の両面において、フルサイズならではの主役を引き立てる表現や70本以上の豊富なEマウントレンズ群から多彩な映像表現が可能に。

映画のような映像表現をかなえる動画性能

 15+ストップのワイドラチチュードによる豊かな階調性能や4K60pに対応するほか、カメラのアップグレードを行うことで4K120pまで対応可能な動画性能を有している。また、新機能の「シネマティックVlog設定」は、意図やシーンに合わせて色味をかんたんに設定できるので、誰でも映画のような映像表現でVlog撮影が可能に。さらに同社が映像制作用デジタルシネマカメラ『VENICE』の開発を通じて培った画作り「S-Cinetone」を搭載しており、人の肌を美しく描写し被写体を際立たせてくれる。動画撮影時はフォーカシング中の画角変動を抑える「ブリージング補正」、音声面に関しては高い集音性能を持つ指向性が進化したインテリジェント3カプセルマイクを搭載し認識した被写体の動きに合わせて、自動で収音する方向に指向性を切り換える「AUTO」モードを備えている。加えて、収音する方向に合わせて3方向から手動で指向性を選択することもできる。

広告の後にも続きます

最新のAI技術により撮影性能も進化

 世界最小・最軽量設計で取り回しが良く手軽に持ち運ぶことができるほか、タッチ操作ができるバリアングル液晶モニターを搭載しているので、直感的な操作の撮影が可能に。また、5.0段の光学式5軸ボディ内手ブレ補正とアクティブモード手ブレ補正に加えて、「ダイナミックアクティブ」モードと手ブレ補正を搭載し、安定したカメラワークを実現。「VLOGCAM」シリーズで好評の「商品レビューモード」と「背景ぼけ切り替え」も引き続き搭載しているので、フルサイズならではの美しいぼけを活かした撮影も手軽に。接続性においては新たに「Creators’ App」に対応しており、リモートでのカメラ操作に加えカメラからモバイル機器への画像転送もスムースだ。

アクセシビリティ・環境にも配慮した設計

 国内向けのカメラとして初めて、メニューと動画再生画面を音声で読み上げて操作をアシストする「音声読み上げ」機能を搭載し、多様なクリエイターの制作活動をサポート。またカメラ本体にはSORPLASを含め再生材を使用することで、機能性を損なうことなく環境負荷低減を実現している。個装箱には、プラスチックを使用せずリサイクルしやすいソニー独自の再生紙「オリジナルブレンドマテリアル」を採用。竹、さとうきび繊維、市場回収リサイクルペーパーといった素材を使用し、環境への配慮と質の高さを両立しているのが特長だ。

 近年、映画のワンシーンのような映像を撮影したいというニーズが高まっているが、この『VLOGCAM ZV-E1』 では35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサーと、最新の画像処理エンジンBIONZ XR(ビオンズ エックスアール)を組み合わせることで、静止画・動画の両面においてフルサイズならではの主役を引き立てる映像表現を実現してくれる。4機種目となる「VLOGCAM」シリーズの最上位機はVloggerを含む幅広いクリエイターの高い創作意欲に応え、映像制作と動画発信の活動の場を広げてくれることだろう。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル