top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

見上愛“日和”の家族の真相、三山凌輝“榊田”が青木柚“市松”を慕う真意が明らかになった展開に深呼吸必至<往生際の意味を知れ!>

WEBザテレビジョン

見上愛と青木柚がW主演を務めるドラマ「往生際の意味を知れ!」(MBS:毎週火曜深夜0:59-1:29、TBS:毎週火曜深夜1:28-1:58)の第4話が、3月28日に放送。見上演じる日和の家族の過去と現状、三山凌輝演じる榊田が青木演じる市松を慕う真意が明らかになり、予測不能な展開となった。(以下、ネタバレを含みます)

■元カノ・見上愛“日和”×元カレ・青木柚“市松”、アンモラルな“妊活復讐劇”

本作は、過激でアンモラルな“妊活復讐劇”で話題を呼ぶ米代恭氏の同名コミックスが原作。W主演の見上が国民的エッセー「星の三姉妹」の著者・日下部由紀を母に持つ美女・日下部日和を、青木が7年前に別れた元カノ・日和のことが忘れられないサラリーマン・市松海路を演じる。

さらに青木演じる市松の同僚・八幡典子役に元乃木坂46の樋口日奈、市松の大学からの友人で超人気俳優の榊田正史役にBE:FIRSTのRYOKIこと三山。見上演じる日下部日和の母親・日下部由紀役に山本未來、由紀の次女・日下部珠緒役に安斉星来、同じく由紀の三女・日下部千世子役に宮崎優、日和ら三姉妹の叔母・日下部美智役を遊井亮子が演じる。

■三女・千世子の母親依存と、母・由紀が父親を監禁していた事実が発覚

三女・千世子の身に危険が迫っていると、日和は市松を連れ次女・珠緒と叔母・美智とともに、千世子を助けに行く。クリニックから一人出てきた千世子と久しぶりの再会を喜び、千世子を連れて帰ろうとした時、母・由紀が現れた。千世子の乗る車椅子にGPSがつけられていたのだ。

日和が千世子を連れ帰ろうとすると、千世子は「行くなんて一言も言ってないよ」と話し始めた。由紀から薬を飲まされていて命が危険だと伝えると、自分が病気なら母親の漫画はもっと面白くなると怪しくほほ笑む千世子。そんな千世子に由紀が近づいたと思ったら、車椅子に乗ってる千世子が後ろ向きに坂道を下り始めた。

坂道を急スピードで下ってきた千世子を受け止めた市松は意識を失い、珠緒が勤めている病院に搬送された。看病する日和が市松に父親のことを話し始める。小さいころ、自宅の隣にあった母親の事務所から物音が聞こえ退治しようとしたこと。でもそこにいたのは父親で、警察に通報するように頼まれたこと。衝撃の事実だったが、市松は冷静に聞いていた。


■榊田が市松を慕う気持ちの真意が明らかに

市松の病室に、同僚の八幡と後輩の榊田がお見舞いに来た。市松の姿を見てショックを受けた榊田が日和を問い詰めようとするが、日和は笑顔で2人を部屋から追い出す。榊田は八幡を誘い、市松と日和のことを話し始めた。市松をとても心配する榊田の姿を見た八幡は「市松さんのことが好きなんですか」と榊田に問うが、逆に問い返される八幡。そして「僕たち協力しません?」と榊田が妖しくほほ笑んだ。

市松と日和を引き離す算段をしていた榊田と八幡は、八幡が会社の資料を渡しそびれたと市松の病室に戻る。病室では、市松と日和が絶賛妊活中。病室の扉を開けた榊田が異様な空気を感じ、急いで市松のベッドにかけよりカーテンを開くと、市松と日和は何もなかったかのように振る舞った。市松と日和の関係を目の当たりにした八幡は、一晩考え榊田の計画に乗ることにした。

■まさに深呼吸必至の展開にファン夢中

三女の千世子が命をかけて母親に協力していること、日和の父親が監禁されていた事実、榊田の市松を慕う気持ちが恋なのかも…とさまざまなことが明らかになった第4話は、番組宣伝文句にあるように深呼吸必至。「予測不可能な展開とテンポの良さであっという間の30分」「登場人物全員アンモラルの意味が分かってきた感」「原作へのリスペクトをめちゃくちゃ感じるし、ドラマとしても新鮮で怖くて面白い!」などと、ファンも夢中だ。

日和の妊娠検査薬で陽性が出たシーンで終わった第4話に続き、第5話予告映像では、由紀の漫画を見て日和が妊娠したことを知る市松の驚くシーンから始まる。日和の「誰かが母にしゃべった」のせりふに由紀のほほ笑むシーンが重なり、さらに「一生切れることのない、血のつながったチーム」という由紀のせりふに身震いする。妊娠発覚での今後の展開や榊田と八幡の計画の行方が気になる第5話は、4月4日(火)に放送予定。

※「宮崎優」の「崎」は正しくは「たつさき」

◆文=ザテレビジョンドラマ部

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル