top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

ユーバンクス MS1000初の8強へ

テニス365


ベスト8進出を果たしたユーバンクス
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)は28日、シングルス4回戦が行われ、世界ランク119位のC・ユーバンクス(アメリカ)が同62位のA・マナリノ(フランス)を7-6 (7-2), 7-6 (7-5)のストレートで破り「ATPマスターズ1000」で初のベスト8進出を果たした。

>>アルカラスvsフリッツ 1ポイント速報<<

>>アルカラス、メドベージェフらマイアミOP男子組合せ・結果<<

26歳のユーバンクスは前週のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)では予選から出場したものの、予選1回戦でM・マーテラー(ドイツ)に6-4, 5-7, 3-6の逆転で敗れ初戦敗退を喫していた。

それでも今大会では予選2試合を勝ち抜き2019年以来4年ぶり3度目の本戦出場を果たすと、1回戦では世界ランク122位のD・クドラ(アメリカ)、2回戦で第17シードのB・チョリッチ(クロアチア)を下し、初の3回戦に進出。3回戦では同65位のG・バレール(フランス)をストレートで撃破し、オンコートインタビューでは嬉し涙を流しながら受け答えをした。

4回戦、この試合は第1セットのタイブレークに入ってから、雨による悪天候のため2時間ほど中断。再開後もミニブレークを許すことなく第1セットを先取すると、第2セットでも両者譲ることなくタイブレークへ。ここでは3度のミニブレークを許したユーバンクスだったが、最終的には4度のミニブレークに成功。接戦を制し、現地深夜0時まで行われた試合をものにした。

準々決勝では第4シードのD・メドベージェフと世界ランク79位のQ・アリス(フランス)のどちらかと対戦する。

同日には第1シードのC・アルカラス(スペイン)、第9シードのT・フリッツ(アメリカ)、第10シードのJ・シナー(イタリア)らがベスト8へ駒を進めた。



 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル