top_line

野球!サッカー!スポーツ最新ニュースをまとめ読み

他二人の遺産額が「1,750万円」で一人だけ「0円」…。なぜ?相続の際、知っておくべき“特別受益分”とは【相続の落とし穴】

幻冬舎ゴールドオンライン

生前の被相続人から一部の相続人が受けた利益を考えずに相続を行えば、自然と遺産の分割は不平等なものになり、残された家族の間で不和が起きてしまうこともあるでしょう。そうならないために知っておきたい「特別受益」と「持ち戻し」について、後藤光氏が代表を務める株式会社サステナブルスタイルが運営する、相続・終活に関する情報を発信するwebサイト『円満相続ラボ』の記事から、一部編集してお届け。今回は、「特別受益」と「持ち戻し」について知り、相続の不安をなくしましょう。

特別受益とは? 公平な遺産分割制度

「特別受益」とは、生前の被相続人から一部の相続人が受けた利益のことです。この事実を無視して相続が進められると、他の相続人にとっては不公平であり強い不満が残ります。

そのため、特別受益の事実があれば、特別受益で得た金額と相続財産の金額を合算し、相続分を決定する必要があります。これは「特別受益の持ち戻し」と呼ばれています。下図をご覧ください。

 

図のように例えば結婚資金や住宅購入の資金等のため、生前に現金500万円を相続人Aへ贈与した事実がある場合、現金500万円分は特別受益に該当します。

特別受益500万円分は遺産額2,500万円と合わせ(①)、総額3,000万円を相続人A・B・Cで分割します。ただし、相続人Aは既に特別受益があるので、持ち戻し(②)となり現金500万円しか遺産を受け取れません。

広告の後にも続きます

なお、各相続人で持ち戻しをしないことに合意したり、遺言書で持ち戻しをしない旨が明記されていたりした場合、持ち戻しは免除されます。

特別受益に該当する2つのケース

特別受益に該当するケースは、生前に被相続人が相続人へ金融資産を渡す場合と、それ以外の場合に分けられます。

被相続人から相続人に金融資産を贈与するケース

被相続人から相続人に現金や保有株のような金融資産を贈与する場合があげられます。例えば次のケースが該当します。

・婚姻や進学のために被相続人が保有していたお金を贈与した

・事業を始めるための開業資金を手渡した

・不動産を購入するための資金を提供した

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル