top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

「だが、情熱はある」本編CM初解禁!

ジェイタメ

オードリー・若林正恭と南海キャンディーズ・山里亮太の2人の半生を描く、実話に基づいた感動の新日曜ドラマ「だが、情熱はある」。4月9日(日)よる10時30分にスタート予定。若林正恭役を髙橋海人(King&Prince)、山里亮太役を森本慎太郎(SixTONES)が演じる。
本日の正午より、「だが、情熱はある」の本編PR映像が解禁になった。解禁になったのは、30秒素材が「情熱編」、「出会い編」、「野望編」の3本と、60秒が1本。一挙に4本もの本編映像が解禁になった。
地上波やTVerのほか、YouTube「日テレドラマチャンネル」でも配信がスタートしている。

若林、山里のふたりとも幼い頃に確立されたねじ曲がった性格故に、人と関わることが極端に苦手。そんな2人がもそもどうしてお笑い芸人になったのか。そのきっかけは、どうやら2人の高校時代に原因があるという。はたしてそのきっかけとは?
初回放送まで、いよいよ残り10日となった。それまでに、ぜひこの4種類の映像をコンプリートして頂きたい。「情熱編」、「出会い編」、「野望編」、あなたのお気に入りを公式SNSで教えてほしい。
(C)NTV

若林と山里はそれぞれ10代の頃からお笑い芸人を目指すも、なかなか日の目を見ず不遇の時代を過ごす。しかし努力の末、「M-1」準優勝となりブレイク。
オードリー、南海キャンディーズは誰もが知る人気お笑いコンビとなるのだが、若林、山里、ふたりともに売れたことによる周囲の変化や「仕事」への疑問、ネガティブな思い。「相方の方ばかり売れていく」「じゃない方」といった嫉妬や妬み。そんな負の感情の中でもがいていた。そんな折、ふたりは出会うことになる。そしてお互いを知るうちに「負の感情を笑いにしよう」と、それぞれのコンプレックスを生かした漫才やコントを披露するユニット「たりないふたり」を結成。活動を始めた。コロナウィルスが世界を蝕む中、運命の「解散無観客ライブ」の⽇がやってくる。そこでふたりが見た景色とは・・・!?

【1話あらすじ】
2021年5月31日。世にコロナウイルスがまん延する中、オードリー・若林正恭(髙橋海人)と南海キャンディーズ・山里亮太(森本慎太郎)は、無観客配信ライブのステージに立とうとしていた。それぞれコンビとしての活動がある一方で、コンプレックスを抱える者同士で新しいネタを見せようと結成したユニット『たりないふたり』の解散ライブだ。
ライブを見守るプロデューサー・島(薬師丸ひろ子)が2人を引き合わせたのは、それより12年も前、2009年までさかのぼる。どちらもコンビとして売れてはいたが、注目されるのは相方ばかりで、若林も山里も、いわゆる“じゃない方”。そんな時期に、初対面でいきなり居酒屋に2人きりにされた若林と山里は、お互いメニューを見つめたまま沈黙…。自意識過剰で人見知りな若林は、何を話してもおもしろくないと思われそうでしゃべれない。人をうらやみ嫉妬にまみれる山里は、先に口を開いたら負けだと思ってしゃべれない。2人とも幼少期に大人から植え付けられた“呪いの言葉”によって、人と関わることが異常なほど苦手になってしまったのだ。……が、そんな2人がそもそもなぜお笑い芸人になったのか?全ては、有り余るエネルギーの使い道すら知らなかった青春時代の、ほろ苦い事件が始まりだった――!
極度に人見知りな超ネガティブ男と、被害妄想と嫉妬に狂う男が、いばらの道をもがき苦しみながら突き進む!笑いと涙の青春サバイバルストーリーが幕を開ける!

◆2023年4月9日スタート! 毎週日曜よる10時30分 放送

(C)NTV

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル