top_line

インストール不要ですぐ遊べる!
無料ゲームはここからプレイ

北村匠海と今田美桜が生み出す愛おしい時間 「東京リベンジャーズ2」キャラPV

映画スクエア

 興行収入45億円を記録し、2021年の劇場用実写映画ナンバーワンのヒットとなった「東京リベンジャーズ」の続編「東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -運命-」(2023年4月21日公開)と、「東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -決戦-」(2023年6月30日公開)から、前編「-運命-」の新たなキャラクターPVが公開された。

 ダメダメだったタケミチ(北村匠海)をいつも肯定し、時には背中を押しながらタケミチを守る優しさを持つヒナタ(今田美桜)。そして、ヒナタの弟で凶悪化した東京卍會を追い詰めようと刑事になったナオト(杉野遥亮)。「血のハロウィン編」では、10年の時がたっても変わらないタケミチとヒナタの両者の思い、「もう二度とヒナタを失わない」と決意するタケミチとナオトの揺るぎない信頼関係が描かれる。

 PVでは、再び過去へ戻りもう一度“大切な人”を取り戻す決意を見せるタケミチとナオト、現代と過去のそれぞれで再会を果たしたタケミチとヒナタの愛おしい時間が描かれている。現代で再会を果たした2人のほほ笑ましいやり取りと、ぎこちない空気に思わずツッコミを入れるナオトの姿は、前作でのタケミチの奮闘によって取り戻した未来だったが、その時間は長くは続かない。「ヒナには、いつも笑っててほしい」と自分の気持ちを伝えるタケミチと、「私はずっと笑ってるよ。タケミチくんが一緒にいてくれれば」と答えるヒナタの姿は、激しいアクションが描かれる劇中でも癒やしのシーンとなっている。

 「東京リベンジャーズ」は、「週刊少年マガジン」で連載されたマンガ「東京卍リベンジャーズ」の映画化作品。人生で唯一の彼女だったヒナタを事故で失ったタケミチ(北村匠海)が高校時代へタイムリープし、熱い仲間たちとともに最凶の組織“東京卍會”に立ち向かう姿を描いた。

【作品情報】
東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -運命-(2023年4月21日(金)公開)
東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -決戦-(2023年6月30日(金)公開)
配給:ワーナー・ブラザース映画
©和久井健/講談社  ©2023映画「東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編」製作委員会

 
   

ランキング(映画)

ジャンル