top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

憧れの映画業界で働き始めた女性 業界の闇に立ち上がる 「アシスタント」公開決定

映画スクエア

 「ジョンベネ殺害事件の謎」などのドキュメンタリー映画作家のキティ・グリーンによる初の長編映画「アシスタント」が、2023年6月16日より劇場公開されることが決まった。

 「アシスタント」は、2017年にハリウッドを発端にして巻き起こった「#Me Too運動」を題材に、今日の職場における問題を掘り下げた作品。名門大学を卒業したばかりのジェーン(ジュリア・ガーナー)は、映画プロデューサーという夢を抱き、有名エンターテインメント企業に就職しする。業界の大物である会長のもと、ジュニア・アシスタントとして働き始めたジェーンが遭遇するのは、早朝から深夜までの平凡な事務作業に追われる毎日や、常態化しているハラスメントの積み重ねだった。ある日、会長の許されない行為を知ったジェーンは、この問題に立ち上がることを決意する。

 映画プロデューサーを目指して大手エンターテイメント会社で働き始めた、若く野心ある新人アシスタントの1日の物語を通して、さまざまな職場が抱える問題とヒエラルキー最下層の人々に共通する経験を浮き彫りにする作品となっている。ニューヨークのタイムズスクエアの裏手にある薄汚れたオフィスで、18日間という短期間で撮影された。

 ジェーンを演じたのは、Netflixオリジナル「オザークへようこそ」で3度のエミー賞助演女優賞を受賞したジュリア・ガーナー。オフィスで働く人間のしぐさやクセ、息苦しいストレス、そしてトップ企業に巣くうハラスメントや搾取の空気と、末端社員である自らの信念との間の葛藤を表現している。

 表情やタイトルが一切なく、性別や年齢、国籍も不確かな匿名の人物を主題に作品を制作する3DCGアーティスト・POOLがアートワークを手掛けた、ティザービジュアルも公開された。薄暗いオフィスで正面を見つめて一人たたずむ主人公・ジェーンの姿が描かれ、彼女の孤独とやがて気づくことになる組織の”闇”を感じさせるビジュアルとなっている。また、背後に垣間見える不在の会長室は、本編では顔を見せない絶対的な権力者の存在を暗示している。

広告の後にも続きます

 POOLは「自分の目の前で当たり前に起きている女性蔑視や抑圧を再確認させられます。この映画がその気づきへの入り口になる事を切に願っております」と、本作にコメントを寄せている。

【作品情報】
アシスタント
2023年6月16日(金) 新宿シネマカリテ、恵比寿ガーデンシネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開
配給:サンリスフィルム
© 2019 Luminary Productions, LLC. All Rights Reserved.

 
   

ランキング(映画)

ジャンル