top_line

癒されたいあなたへ。どうぶつニュースはこちら

ユキヒョウを追い、標高4000mの高山に挑む双子姉妹「パワーの源はユーミン」

日刊SPA!

ユキヒョウを追い、標高4000mの高山に挑む双子姉妹「パワーの源はユーミン」

 幻の動物「ユキヒョウ」を追って、標高4000mを超える高山に挑む「ユキヒョウ姉妹」と呼ばれる双子の姉妹がいる。姉妹はユキヒョウの調査研究をしながら、絶滅が危惧されているユキヒョウの保全活動を続けている。
 ユキヒョウとは、世界でいちばん高い場所にくらすネコ科の動物。その生息地であるモンゴル、ネパール、インド、キルギス等の奥地は、シャワーもトイレも電気もなく、酸素濃度も非常に薄い、過酷な環境だ。彼女たちはなぜ、そこまでしてユキヒョウを追い続けているのだろうか?

◆最初はまったく知らなかった「ユキヒョウ」への想いが強まっていく

 姉のこづえさんは現在、京都大学野生動物研究センターで助教(2023年4月から同大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科・准教授)をつとめている。野生動物の研究教育、繁殖やストレスなど、動物の生理状態を調べることを専門とする。ユキヒョウとのかかわりが始まったのは、神戸大学大学院の学生時代だったという。

「絶滅の危機に瀕する動物の繁殖研究について関心を持っていた私は、いずれツシマヤマネコやイリオモテヤマネコの研究をしたいと思っていました。研究室ではユキヒョウの研究を開始するとのことで、『同じネコ科だし』と軽い気持ちで研究対象に選んだんです。最初はユキヒョウのことはまったく知りませんでした」(こづえさん)

 研究のため、ユキヒョウを飼育していた神戸市立王子動物園で毎日のように観察していたこづえさんは、その奥深い魅力にどんどん惹かれていった。

「ユキヒョウは声帯が小さくて、同じ大型のネコ科動物であるライオンみたいに重低音で『ガオー』なんて吠えることもなく、繁殖期に『アオー』って鳴くくらい。時に、鼻にしわを寄せて『クスクス』と小さな音のコミュニケーションをとることはあります。身体的な特徴でいうと、長い尻尾が美しくて優雅です。体長は1mほどなんですが、尻尾も同じくらいの長さがあって、高山の岩山を駆け巡る時に不安定な体勢になっても尻尾で器用にバランスをとっているんです。そんなユキヒョウの姿を見ながら、『野生の姿、そして彼らのくらす場所を見てみたい』という気持ちがどんどんふくらんでいきました」(同)

◆「ユキヒョウのうた」の作詞をきっかけにユキヒョウの虜に

 妹のさとみさんは九州大学大学院芸術工学府を修了後、広告会社に入社。コピーライター/CMプランナーとして今も活躍している。こづえさんを通してユキヒョウに興味を持っていたさとみさんは、会社の懇親会で姉の研究について話題にしたところ、CMプランナーの先輩から「ユキヒョウの歌を作ってみたら?」と提案され、2011年10月にさとみさんの歌詞による「ユキヒョウのうた」が完成した。

「新米コピーライターだった私にとって、自分で考えたものが一つの作品になったことが嬉しくて、私も気づけばユキヒョウの虜になっていました」(さとみさん)

「ユキヒョウのうた」が完成した頃、博士号を取得して一段落したこづえさんが研究でお世話になった円山動物園(札幌市)に行くというので、さとみさんもそれに同行。そこで旭山動物園(旭川市)園長の坂東元さんを紹介してもらい、姉妹と保全活動について話し合った。坂東さんは園長として、野生動物本来の動きを引き出す「行動展示」を実現し、ボルネオ島の野生動物の保全活動(「ボルネオ保全トラスト・ジャパン」との共同プロジェクト)にも尽力している。

「坂東さんは『生活の中で意識を変えないと、環境保全にはつながらないんです』とおっしゃっていました。ずっとこの言葉が私の心に残っていて、『ユキヒョウのことをもっと多くの人に知ってもらいたい。自分がワクワクしているように、野生のフィールドと人々をつなぎたい。そして、それを保全につなげていきたい』といった思いがどんどん強くなっていきました」(同)

◆クラウドファンディングの返礼品に、カメラを通した「野生のユキヒョウ調査の共同体験」

 姉妹はその後、研究者・コピーライターというそれぞれの専門性を活かした任意団体「twinstrust」を設立。同時に、ユキヒョウの魅力を伝え、保全活動を行う「まもろうPROJECT ユキヒョウ」を立ち上げた。そして、イラストレーターの馬込博明さんに「ユキヒョウさん」というキャラクターを描いてもらい、「ユキヒョウのうた」のPVとロゴが完成。2013年5月からクラウドファンディングを開始。野生のユキヒョウの調査には、自動撮影用の赤外線カメラが必須になる。その購入費用を募るためのクラウドファンディングだった。

「返礼品として『ユキヒョウのうた』のCDや、赤外線カメラで撮った映像や写真をお渡ししました。単なるプロジェクトへの寄付ではなく、カメラを通してみんなで野生のユキヒョウの調査をしているような、そんな体験を作りたいと思ったんです」(さとみさん)

 そして「絶滅の危機に瀕しているユキヒョウを助けたい。そのために生息地のモンゴルで保全調査をしたい」という姉妹の想いに共感した140人の支援者から、111万円の支援金が集まった。

「撮影した映像や写真は支援者への返礼品としてお渡ししたほか、日本でユキヒョウを飼育している動物園で展示していただき、野生動物に関しての教育活動にも協力することができました」(同)

◆過酷な環境に挑む双子のパワーの源は「ユーミン」
 
 姉妹はその後、2013年11月のモンゴルを皮切りに、モンゴル、インド・ラダック、ネパール、キルギスと、ユキヒョウの生息地である国境の高山地帯へ挑んでいく。そんな各地での研究・冒険の10年にわたる記録をまとめた『幻のユキヒョウ 双子姉妹の標高4000m冒険記』(扶桑社)を4月16日に上梓する予定だ。

 都会で生活していた双子姉妹が、まったく違う世界で戸惑い、現地の人々と交流しながら、難関をひとつひとつクリアして野生のユキヒョウ調査を行う姿が描かれている。彼女たちが、過酷な環境をものともせずに突き進んでいく原動力はどこにあるのだろうか。

「私たち2人とも、子どもの頃からユーミン(松任谷由実さん)が大好きなんです。日本にいても生息地にいても、常に脳内のBGMは『ユーミン』。壮大な景色も、そこで暮らす人々の文化も、無意識のうちにユーミンの歌詞を通して心に刻んでいます。過酷な環境でも姉妹で乗り越えてこられたのは、常に新しいことに挑戦し続ける好奇心とポジティブな精神をもつユーミンに憧れていたから。たぶんこれからも道に迷うことがあると思いますが、姉妹で冒険を続けていくのだと思います。いくつになっても、二人三脚で、ユーミンを聴きながら」(さとみさん)

【ユキヒョウ姉妹(木下こづえ・木下さとみ)】
双子姉妹の姉・こづえさんは京都大学野生動物研究センター助教(2023年4月より同大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科准教授)、保全・繁殖生理を専門とする野生動物研究者。妹のさとみさんは広告会社の電通でコピーライターをつとめる。姉妹の専門性を活かした任意団体「twinstrust」を設立、ユキヒョウの魅力を伝え保全活動を行う「まもろうPROJECT ユキヒョウ」を立ち上げた。4月18日に『幻のユキヒョウ 双子姉妹の標高4000m冒険記』(扶桑社)を上梓予定。

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル