top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

稲垣吾郎と二階堂ふみ、手塚治虫の愛とエロス・オカルティズム・ミステリーに挑む!『ばるぼら』実写映画化を発表&世界初映像も解禁

SPICE

11月20日(火)、東京・帝国ホテルにて映画『ばるぼら』の制作発表が行われ、美倉洋介役の稲垣吾郎と、ばるぼら役の二階堂ふみ、手塚眞監督が登壇した。

『ばるぼら』は、手塚治虫の同名漫画を原作とした映画。異常性欲に悩まされる耽美派の小説家・美倉洋介と、謎の少女・ばるぼらをめぐる物語を描いた作品だ。エロスやオカルティズムが入り組んだ独特の世界観は、その異色さ、過激さから「映画化不可能」と言われてきた。しかし、手塚治虫生誕90周年を記念し、初の映像化が実現している。


『ばるぼら』海外版ポスタービジュアル (c)2019 Barbara Film Committee



日本・ドイツ・イギリスの共同制作となる本作でメガホンをとるのは、手塚治虫の実子でもある手塚眞監督。さらに、撮影監督として、『恋する惑星』などのウォン・カーウァイ監督作で知られるクリストファー・ドイル氏を招き、日本だけにとどまらない様々な才能が集結している。

今回の制作発表は、手塚治虫生誕90周年記念会の中で開催。世界初公開となる特別映像の上映も行われた。

広告の後にも続きます


映像が終わると、稲垣吾郎と二階堂ふみ、手塚眞監督が登壇。主演の2人は、海外版のイメージヴィジュアルに合わせたように、稲垣は紫のセットアップ、二階堂は赤のドレスを纏って登場した。


左から、二階堂ふみ、手塚眞監督、稲垣吾郎



手塚監督は、自身の父の作品である漫画『ばるぼら』について、「たくさんある(手塚)作品の中でも、大人の漫画を読むいけない子供だった時代から非常に思い入れのある作品」と表現。続けて、「自分が今まで表現してきたことと、父親が作ってきたものに何か接点を感じる作品だと確信しました。観ていただければ、なぜこれを今作ったのかがわかると思います」と、自身が手がける手塚治虫作品の中では初となる、実写監督を務めることへの思いを明かした。


手塚眞監督



稲垣は「個人的には、昔舞台で七色いんこ役をやらせてもらったこともあり、(手塚作品は)ずっと身近に感じてきました。今このタイミングじゃなければ演じられない役だと思いました」と、感慨深げ。

また、二階堂は父親の影響で、幼い頃から手塚作品に親しんでいたという。『ばるぼら』については、「火の鳥・アトムなどはワクワクするような、すごくポップで面白いものだったので、どっちの手塚先生が本当なのか、謎ができるような感覚」と語り、「みんなで考えながら、(謎の)答えを探して行ったような感じ」と撮影を振り返った。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル